2019年11月19日

今日、ある宗教団体が制作した映画を見に行ってまいりました。

今日、ある宗教団体が制作した映画を見に行ってまいりました。

ストーリーは、出版界で成功したある人物が、実は、神からの使命を抱いていて、奇跡的に九死に一生を得たのをきっかけに、復活を遂げ、神の使命に邁進していく物語でした。

家族の激しい葛藤があり、それを乗り越えて、家族と一体化していくのですが。

妻だけは、神の使命に邁進する夫を理解できず、その場を離れていくのです。

映画はもちろん、神の使命に燃える男の希望溢れる映画でした。

しかし、感じたのは、妻を復帰する難しさでした。

普通はこうなるよな、と思いました。

夫が尋常ならざる神の道を行こうとすれば、どうして家族を犠牲にするのかと妻は反対し、道を妨げ、最後は別れていってしまいます。
背後にサタンの影が見えました。

神の使命を帯びて、聖人たちが周りを囲んでも、妻を復帰することは、難しかったのだと思います。

この、世界的な宗教団体でさえ、こういうストーリーになってしまうんだなあ、と思いました。


そうしますと、真のお父様が真のお母様を復帰なさったことが、どれほど、天宙的な勝利であったかが、改めて、実感されました。

創造本然のエバを復帰するためには、どれほど蕩減条件が必要だったでしょうか。

そして、創造本然のエバのご聖誕は、人類にとって、どれほどの救いでしょうか。

真のお母様は、真のお父様のすべてを理解された上に、人類の真の母としての使命をも勝利してくださったのです。

それは言葉では言い尽くすことの出来ないものです。
何千冊本を書いたとしても不可能なことです。



ラベル:映画
posted by 若枝 at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

「再臨主は、共生共栄共義主義の地上天国理想をもって降臨される方である」

前にも一度書きましたが、

原理講論には、
「再臨主は、共生共栄共義主義の地上天国理想をもって降臨される方である」と書いてあります。
原理講論 後編 第五章 メシヤ再降臨準備時代 第四節 世界大戦


再臨主が人類にもたらしてくださったものといえば、「共生共栄共義主義の地上天国理想」です。

現在、これを主唱していらっしゃる方は、世界中で、真のお母様しかいません。

再臨主が真の父母として来られる(原理講論 緒論 (一)蕩減復帰原理)ことを考えれば、当然かもしれません。

そして、「共生共栄共義主義」の地上天国理想実現のみ旨を受け継いでいく群れこそが、神様の願いに応える真の子女であり、真の祝福家庭だと言えると思います。



posted by 若枝 at 17:12| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

真のお母様がご自身が独生女であることを宣布してくださるみ言は、私たちが神様の血統に復帰されたことを保証してくださるみ言

これまでの長かった復帰摂理歴史と、これからの地上天国創建の道のりを考えてみましたときに、全人類が神様の血統圏に復帰されることがもっとも重要なことだと思います。

問題は、これを説明できる人が、地上に存在するかどうか、だと思います。

これまでの人類歴史において、誰もこれを言った人はいませんでしたが、再臨のメシヤである真のご父母様がこれを説明してくださいました。

そして、私たちは、祝福を受けて、神様の血統に復帰されるようになったというのですが、
これから先に生まれてくる人類が、果たしてこれを認めてくれるかと言いますと、
ここにひとつの問題があります。

原理講論には、

「我々を生んでくださるのは、父母でなければならない。それでは、堕落した我々を原罪がない子女として生んで、神の国に入らせてくださる善の父母は、いったいどなたなのであろうか。原罪のある悪の父母が、原罪のない善の子女を生むことはできない。したがって、この善の父母が、堕落人間たちの中にいるはずはない。それゆえに、善の父母は、天から降臨されなければならないのであるが、そのために来られた方こそがイエスであった。彼は堕落した子女を、原罪のない善の子女として新しく生み直し、地上天国をつくるその目的のために真の父として来られた方であった。」
(原理講論 第七章 キリスト論 第四節 重生論と三位一体論

「ところで、父は一人でどうして子女を生むことができるだろうか。堕落した子女を、善の子女として、新たに生み直してくださるためには、真の父と共に、真の母がいなければならない。」
(同上)

とあるからです。

すなわち、もし、私たちを祝福してくださった真のご父母様のうち、どちらか一方に原罪があったとしたら、この原理講論の説明によって、私たちはまだ神様の血統に生み直されていないということになってしまいます。


真のお母様が独生女であることを宣布してくださるみ言は、私たちが神様の血統に復帰されたことを保証してくださるみ言だということが出来るでしょう。

このみ言を毀損する人は、結局自分自身を傷つけてしまっていると思います。



posted by 若枝 at 14:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

今でも志しは変わりません

昔、修練会でよく歌ったなあ。

今でもこころざしは変わりません。

『めざすは理想郷(SRO)』 - YouTube




posted by 若枝 at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

メシヤは人類の真の父母として来られなければならない。

H1派の人たちの話を聞いていますと、彼らは、メシヤはお父様お一人で、お父様がお母様の原罪を取り除く、みたいな話をするのですが、メシヤとは、真の父母として来られると、原理講論には書いてあります。

「メシヤは人類の真の父母として来られなければならない。彼が人類の真の父母として来られなければならない理由は、堕落した父母から生まれた人類を重生させ、その原罪を贖ってくださらなければならないからである(前編第七章第四節(一)@)。したがって、堕落人間が創造本然の人間に復帰するためには、「メシヤのための基台」を完成した基台の上でメシヤを迎え、原罪を取り除かなければならない。」
(原理講論 緒論 (一)蕩減復帰原理 (2)メシヤのための基台 

「つぎには、子女を復帰して、その上に、父母を復帰するための蕩減条件を、同時に立てることができる「実体献祭」をささげて、「実体基台」をつくって、「メシヤのための基台」を造成しなければならない。」
(原理講論 後編 第一章 復帰基台摂理時代 第一節 アダムの家庭を中心とする復帰摂理 (三) アダムの家庭におけるメシヤのための基台とその喪失 


このように、メシヤとは父母のことであり、長い歴史をかけて神と人類が築いてきた「メシヤのための基台」とは、父母を迎えるためでした。

すなわち、悠久なる歴史をかけた「メシヤのための基台」は、真の父を迎えるための基台であるのと同時に、真の母を迎えるための基台です。

メシヤを男性のみと考える考え方は、新約時代までの考え方と変わりなく、これでは、人類社会を創造本然の世界にまで導くことは出来ません。

メシヤが父母としてこられる、メシヤとは父と母である、という成約時代・天一国時代の考え方によってこそ、はじめて、人類社会を創造本然の理想世界に導き得るのです。

原理講論にそう書いてあるのですから、議論の余地はありません。



ラベル:真の父母 メシヤ
posted by 若枝 at 13:20| Comment(33) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

「独り子である」ということと「原罪がない」ということの違い

H1派の人と議論していてわかりましたことは、彼らは、「独り子である」ということと、「原罪がない」ということを、混同している、ということです。

それだから、彼らは、お母様が「お父様は16歳のときから独生子の資格を持った」とおっしゃっているのに対して、お母様はお父様に原罪があると言った、などと平気で言葉をすり替えて主張しているのです。

原罪は、人間始祖の堕落によるもので、「資格」などでは語れません。
一方、独り子(独生子)は、再臨とかメシヤ、真の父母に結びつく概念で、使命分野に結びつく言葉ですから、両者は明らかに違う概念です。

言葉のすり替えを彼らがするのは、「独り子」と「原罪がない」を混同して、同義で扱っているからだとわかりました。

この二つは明確に分けて考えなければならないと思います。

原罪のない真のお父様は16歳のときにイエス様の独り子の使命を受け継いで、真のお父様が独り子の使命を完遂するようになった、ということだと思います。



posted by 若枝 at 07:16| Comment(49) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

創造主である神様を天の父母様と呼ぶことの意味 人類歴史の新しい段階

世界平和統一家庭連合においては、創造主である神様のことを「天の父母様」と呼んでいます。

これは、人類歴史において初めてのことであると思います。

そして、これは、神と人間の関係を決定づける革命的なことだと思います。人類歴史は新しい段階を迎えました。

なぜならば、神様を「天の父」と呼んでいたこれまでの歴史時代においては、人類は神の存在を証明することは出来ませんでした。

人類とこの世界の背後に神様がいらっしゃることを信じてはきましたが、これを証明することは出来なかったのです。すなわち、神様と人類との関係は果てしなく遠い関係でした。

しかし、統一原理によって、この世界に普遍的に成り立つ二性性相の相対的関係の真理が明らかにされ、この世界を創造された神様の性相として二性性相の神様、すなわち、父母なる神様、そして、天にましますお方であるがゆえに「天の父母様」とお呼びすることになって、神様と人類並びにこの世界との関係が完全性を取り戻すことが出来たのです。

地上天国がここから始まるということは言うまでもありません。


神の存在証明
http://tesforever.web.fc2.com/pocs//happyo_morita.htm



posted by 若枝 at 13:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

分派の問題はなぜ起きたのでしょうか。 父母を犠牲にさせて、神様に侍っていくのがこの統一教会の道

分派の問題はなぜ起きたのでしょうか。
顯進様にしても、亨進様にしても、原理とは違った方向に進んで行ってしまっています。

これを一番悲しんでいらっしゃるのは、真のご父母様に違いありません。

全人類の救いをかけて、犠牲的な道を行かれたがゆえに、その副作用として、突発的に起きた事故のようなものです。

イエス様の十字架と同じく、本来は必要のなかったものだと言えると思います。

しかし、イエス様と同じく、人類を救うために、そのような犠牲の道を行かれた真のご父母様でした。

そして、最後は、父母が、いかなることがあっても神様に侍ったという、歴史的事実を残していかなければならない天からの要請があるのだということです。


「万物を犠牲にさせて神様の息子と娘を探し求め、神様の息子と娘を犠牲にさせて、カインとアベルを犠牲にさせて、父母のための道を開いてきたのがキリスト教思想です。

そして父母を犠牲にさせて、神様に侍っていくのがこの統一教会の道なのです。何の話か分かりますか。

統一教会は父母が祭物としてささげられるのです。父母としてこの地上に来て、神様に侍ることができなかった恨みを蕩減しなければならないのです。」
摂理史的闘争と勝敗
1988年8月20日




ラベル:分派問題
posted by 若枝 at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

韓鶴子総裁は、「選民家庭の前には怨讐となる国があり得ません」と語られ、韓国人が日本人を怨讐視する心をいさめられました。

韓国の天安市では、7月21日、「2019忠清圏 孝情真の家庭希望フェスティバル」が開催され、

韓鶴子総裁・真のお母様がメッセージを語られました。

この中で、韓鶴子総裁は、

「選民家庭の前には怨讐となる国があり得ません」

と語られ、韓国人が日本人を怨讐視する心をいさめられました。


2000年前、イエス・キリストは、

「『隣り人を愛し、敵を憎め』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。
しかし、わたしはあなたがたに言う。敵を愛し、迫害する者のために祈れ。 」
(マタイによる福音書5章43節〜44節)

と言われましたが、韓鶴子総裁も、同じことを、韓国国民に語られたのです。


日本が朝鮮半島の発展のために多大な貢献をしたことは確かです。
しかし、当の朝鮮人にとっては、たとえ、民度を上げてもらったとはいえ、支配を受けたことに対して、鬱積した気持ちがあるのだと思います。

このような韓国人の気持ちを解く人が誰もいない中で、韓鶴子総裁は、神様の観点・人類の真の父母の観点から、韓国人の心を開こうとしていらっしゃるのです。

今回の大会には、梁承晁・忠清南道知事も参加され、

「私は、世界平和統一家庭連合が追求する価値が私たちの人類社会に実現される時、大韓民国の社会問題や宗教問題、人類が抱える多くの問題が解決されると思います。」

と祝辞を述べられたそうです。

統一運動は、地上に天国を実現するために、力強く前進しています。

HJグローバルニュース (2019年 7月 27日) - YouTube
 2019 忠清圏 孝情 真の家庭 希望フェスティバル 他




posted by 若枝 at 15:42| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

神様が人間にお与えになった責任に対して、これを勝利した人間

U-ONE TVの「U-ONEニュース 2019年7月19日号」には、7月4日に開催された「天地鮮鶴苑特別会議」で真のお母様がみ言を語られるご様子が映し出されています。

その中で、真のお母様が、

「(神様の)創造が人間に責任をお与えになったので、勝利した人間が出て来なければならない。それでこそ神様を見ることが出来る。それが真の父母だ。わかりますか?」

と語られるご様子に、私は衝撃を受けました。


ほんとに勝利した人間、というのがこの世に存在するでしょうか?

神様が人間にお与えになった責任に対して、これを勝利した人間。

そもそも、神様から責任を与えられて雄々しく立つということが出来ないでしょう。

さらに、これを勝利するために、壮絶な闘いを経なければならないでしょう。途中で挫折することなく。

映像にある真のお母様のお姿を見て、真のお母様はこの闘いを勝利してこられたのだ、と直観いたしました。

こういう人は他に見たことがありません。

そして、だからこそ、この方はメシヤなのだ、と合点がいくのです。



posted by 若枝 at 17:40| Comment(0) | 真のご父母様・メシヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

分派問題は、全人類を救うためには避けようとしても避けがたいところがあったのだと思います。

2009年ごろから分派という問題が始まりました。

分派は主に真のお母様を否定する論調で、色々聞くところによりますと、話は真のお父様と真のお母様がご聖婚される前の教会史にまで遡るようです。

私は、その話を聞いて、真のお父様が再臨主の使命をまっとうするためには、筆舌に尽くしがたい道、常人には理解し難い道をたどって来ざるを得なかったことを感じました。

そのようにして1960年にご聖婚されたのですが、そういう多くの苦労の傷跡を残してのご聖婚でしたから、その傷口からこの分派問題が出て来たのだろうと思います。

要するに、全人類を救うためには、避けようとしても避けがたいところがあったのだと思います。

真のご家庭が抱えてきた事情というものを汲み取って差し上げる必要があるだろうと思います。


従って、問題を解決するのは、私たちの側だということです。

真のご父母様は、すべての人を神の子にするために再臨主として来られて、祝福を通して、私たちを神の子にしてくださいました。

この祝福は一度受ければ十分で、一度受けたら、神の子になったのだから、あとはあなたが神の子としての使命を果たしなさい、と真のご父母様はおっしゃいます。

ですから、私たちが、神の子としての自覚に立たなければ、祝福を受けても、何の価値もありません。

今度はご子女様が祝福をしてくださるらしいぞと言って、そちらに祝福を受けに行っても、やはり同じでしょう。

むしろ、自覚の足りない人たちがたくさん行くのでしょうから、余計にたいへんだと思います。

ご子女様がおっしゃることも同じでしょう。万が一同じでなかったら、それこそ非原理的になってしまいます。

結局、私たちが神の子としての自覚に立つことこそが、天の願いに他ならないでしょう。




posted by 若枝 at 14:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

今日、どこからともなく、「それが大事」の歌が流れてきて

今日、どこからともなく、「それが大事」の歌が流れてきて、聞いているうちに、ふと、これって四位基台にぴったりあてはまっているんだなあ、と思いました。


♪負けない事・投げ出さない事・逃げ出さない事・信じ抜く事

負けない事    意志を変えない(正)
投げ出さない事  対象を捨てない(分ー対象)
逃げ出さない事  主体の位置を離れない(分ー主体) 
信じ抜く事    一体化する(合)


やはり売れている歌の歌詞というものは、適当ではなく、原理的なんだなあ、と思いました。


大事MANブラザーズバンド それが大事 歌詞&動画視聴 - 歌ネット



ラベル:それが大事
posted by 若枝 at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

創造本然の経済構造のあり方はいかなるものであるかを語るときの根拠となる(根拠となるべき)み言 3

今月号の「世界家庭」(2019年7月号)には、文鮮明先生・真のお父様が語られた「統一の要因と方案」というみ言が掲載されています。

統一の要因と方案
1971年9月13日
水沢里中央修練所



この中で、真のお父様は、「世の中において、作用した結果は必ず作用した原因よりも小さくなるから、第三の補給がないと発展しない。神の愛がないと発展しない。」と語られています。


「愛の中心はだれか?。父母ではなくして、その夫婦の愛を結ぶ基準ではなくして、そのほかのところにある。
 その愛の主体は神自身、その愛の根拠地、絶対なる愛の原動力、その第一の愛の原因がある。それを認めないというと、これを論法的に解決することはできない。
 作用した場合において、その作用した結果が作用し始めたその力より大きくなる力は、世の中には絶対ありません。力学の法則において、出力は入力より小なるのが原則である。そこに大なる力が生まれてきた場合には、その大きさに比例した力が、第三の位置から補給される道を満たさないというと、その結果は生まれてこない。そう見た場合には、弁証法的に小なるものが自然に発展したというのは言葉の誤りに違いない。
 自然はどこにあるか。それは加重させて、発展していったということは、それは正当な事実としてある。」
統一の要因と方案より)



これに対して、今の経済社会は、第三の位置からの補給がなく、お金を得る側とお金を出す側のペアしか存在しません。それゆえに、利益を巡る争いが絶えることがありません。

創造本然の経済社会の構造を考えてみた場合に、神の愛を意味する第三の位置からの補給がなければなりません。
そうしないと、他のために生きることは不可能で、いつも自己の利益を確保することが最優先になってしまいます。

それでは、どうしたら、このような経済社会の構造に出来るかといえば、自然界において雨で水が補給されるように、お金が循環して補給される経路を作る必要があります。

この仕組みが「共同所有貨幣制度」です。

共同所有貨幣制度(神様の願いを果たしうる貨幣制度)
http://keiseisaimin.seesaa.net/article/444165421.html



posted by 若枝 at 05:57| Comment(0) | 創造本然の経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

天国建設を早める秘訣は、一部に偏らず、すべての人に等しく伝えていくことであろうと思います。

文鮮明先生ご夫妻・真のご父母様は、人類にとって一番大事なみ言を地上に残してくださいました。

原理講論には以下のようにあります。

「この三大祝福のみ言に従って、人間が神の国、すなわち天国をつくって喜ぶとき、神もそれを御覧になって、一層喜ばれるということはいうまでもない。
それでは、神の三大祝福は、いかにして完成されるのだろうか。それは、創造の根本基台である四位基台が成就された基盤の上でのみ成就されるのである。」
原理講論 第一章 創造原理 第三節 創造目的 (一)被造世界を創造された目的


神氏族メシヤのすることは、神様が喜ばれることなわけで、まさにこれであろうと思います。
神氏族メシヤのみならず、すべての人のするべきことはこれだと思います。

三大祝福のみ言に従って、天国をつくって喜ぶこと。
それは四位基台が成就された基盤の上でのみ成就される。


天国とはすべての人のものです。
四位基台も、アベルとカインの両方が含まれていないと成就できません。
ですから、天国建設はすべての人を巻き込んでする必要があると思います。

真のご父母様が40年前に米国で大会をされたときもそうでした。

私などは、提言を送るとき、自由民主党のみならず、日本共産党を含めたすべての政党に送ります。
もちろん、住所と実名入りです。

こうすることは、天国を建設していくにあたって、非常に重要な意味を持っています。
神様はすべての人を愛していらっしゃるからです。


天国建設を早める秘訣は、一部に偏らず、すべての人に等しく伝えていくことであろうと思います。



posted by 若枝 at 10:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

創造本然の経済構造のあり方はいかなるものであるかを語るときの根拠となる(根拠となるべき)み言 2

2019年夏季号の「祝福家庭」には、「2019鮮鶴奨学証書授与式および奉仕賞表彰式」で語られた真のお母様のみ言が掲載されていました。

真のお母様は世界の核心部分を単刀直入にズバッとおっしゃられており、ここに人類救済の鍵もあります。

「神様が創造された天地万物は、ご自身の立てられた創造原則、永存する循環法則によって、春が来て、夏が来て、秋が来て、冬が来るように、自然な形で永存できる道を、誰に教わるでもなく進んでいるのです。
 ところが人間だけは、いまだに行く道が分からず、戦争や葛藤が絶えることがありません。」
(「祝福家庭」2019年夏季号 p.7)


今の世界経済の問題もこれです。

天地万物はいかなるものも循環法則によって永存しているのですが、今の経済の仕組みは、欲心のゆえに、この原則を逸脱してしまっています。

経済社会において循環するものとは「貨幣」です。

すなわち、貨幣を、神様の創造原則の通りに循環させる構造にすることこそが、人類を救済する手立てになります。


経世済民
http://keiseisaimin.seesaa.net/



posted by 若枝 at 15:53| Comment(0) | 創造本然の経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

メシヤ再降臨準備時代において、世界は400年かけて発展してきましたが、発展の遅れていた朝鮮半島において準備が整えられたのは日韓併合時代だったと思います。

日韓併合時代は、朝鮮半島の人々にとってはとても屈辱的な時代でした。

しかし、角度を変えて見ますと、日韓併合によって、朝鮮半島は目覚しく発展し、生まれ変わりました。

当時の様子が、「韓国でも日本人は立派だった 証言と史料が示す朝鮮統治の偉業 喜多由浩著」に綴られています。

韓国でも日本人は立派だった 証言と史料が示す朝鮮統治の偉業 | 喜多由浩 |本 | 通販 | Amazon

日本統治時代の朝鮮 - Wikipedia


文鮮明先生が日本へ留学するためにお使いになった関釜連絡船も、日本の企業が運航していたものでした。 関釜連絡船 - Wikipedia


「メシヤ降臨準備時代」と言って、人類がメシヤを迎えるにあたって社会が目覚しく発展するのは神様による摂理でした。

イエス・キリストが来られたときも、再臨のメシヤが来られたときも、そうでした。
原理講論 後編 第4章 第六節 メシヤ降臨準備時代とメシヤ再降臨準備時代


メシヤ再降臨準備時代において、世界は400年間かけて発展してきましたが、発展の遅れていた朝鮮半島において準備が急ピッチで整えられたのは日韓併合時代においてだったと思います。

このときの日本の貢献はとても大きかったと思います。



posted by 若枝 at 12:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

日本人にとって、韓鶴子女史(真のお母様)という方は、「マコトの天照大神」のことだと思います。

神様の願いは、人類すべてを一人残らず愛したい、救いたい、ということですが、

この神様の願いに対して、真のお母様は、「自分が独生女である」と宣言して、応えてくださいました。

国とか宗教とかを超えて、全人類に対して、真の母である、後のエバである、と明かしてくださったのでした。


ところで、日本人にとって、韓鶴子女史(真のお母様)という方は、「マコトの天照大神」のことだと思います。

「マコトの天照大神」は「日月神示」に出てきます。

日月神示:碧玉之巻全文

この預言を読みますと、まさに、真の父母の出現を預言しております。

「今度の岩戸びらきは五度の岩戸閉めを一度にひらくのであるから」

「この夫婦神が、時めぐり来て、千引きの岩戸をひらかれて相抱き給う時節来たのであるぞ、
うれしうれしの時代となって来たのであるぞ。」


前に、「日本建国の暗号」という本を紹介しましたが、この本に詳しく載っています。 


「なんで朝鮮半島で生まれた韓鶴子女史(真のお母様)が天照大神なんだ?」と、私も思いましたが、

真のお母様がお生まれになった1943年は、日韓併合時代で、朝鮮半島は日本の一部だったのです。

日本統治時代の朝鮮 - Wikipedia


日本人にとって、日韓併合とは、「マコトの天照大神」をお迎えするためのものだったのだ、と思います。



posted by 若枝 at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

次男と進化論

次男は、子供のころは神様の存在を確信していたのですが、何ヶ月か前に話をしていて、神様の存在を疑っていることを知り、私は非常に驚きました。

「ぼくには違う考えがある。」と次男は言いました。


なぜ疑うようになったのか、どういう考えをしているのか、次男の話を聞いてみますと、学校で遺伝子の突然変異の話を聞いて、生物は突然変異が繰り返されて出来たのだというふうに考えるようになったことが分かりました。

突然変異を長い時間繰り返していけば今の生物が出来上がることも可能だ、というふうに結論づけて、神様が創ったという考えは遠く離れてしまったようでした。


次男が無神論者になってしまった、ということで、私はとても焦りました。

進化論の考え方そのものだと本人が自覚しているかどうかは別として、まるっきり進化論者の考え方になってしまっていたのでした。


考えてみますと、二世のなかには、同じように、遺伝子の突然変異の話を学校で聞いて、無神論に陥ってしまう二世も多いだろうな、と思いました。


突然変異、長い時間繰り返せば。
この考えからどうやったら脱却させられるか、私は考えました。


次男は、ルービック・キューブがとても得意で、今では7×7×7のルービック・キューブも解ける腕前なのですが、私は、これを引き合いに出すことにしました。

私は、次男に言いました。

「ルービック・キューブを解くとき、目的に向かって回転させていかないとゴールにたどり着けないでしょ?適当にぐるぐる回しているだけでは永遠にゴールにたどり着けない。

回すたびにゴールに着実に近づいていくとしたら、それも出来るかもしれないけれど、一つそろえるためには既にそろっているやつを一旦崩さなきゃならないこともあるわけだから、これも出来ない。

だから、突然変異と自然淘汰を繰り返すだけでは生物は出来ないよ。」


次男は、じっと考えていたあとに、こう言いました。

「パパって何歳?」

私は、「57だよ。」と答えました。

すると次男は、

「ぼくは今19だよ。19のぼくがパパと同じ考えが出来るわけないじゃないか。」


私は答えました。

「いや、そんなことはないよ。真理は一つだから。」



posted by 若枝 at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

私たちは今いかなる段階に到達しているか

おもてに映し出される華々しい摂理の様子とは裏腹に、最近の統一運動にあまり希望を感じられずにいる人(特に先輩)も多いのではないかと思います。

真のお父様が地上にいらっしゃる頃は、真のお父様がいつも新しいみ言を語ってくださり、私たちはそのみ言を会得するのに一生懸命で、ただそれだけで充足感があったのだと思います。

今は、それがないので、物足りなさを感じるのではないかと思います。

何を隠そう、私も、実は、その一人です。

最近は、「我が良き友よ」なんかを時々聞いたりします。昔が懐かしいのです。

かまやつひろし 我が良き友よ 歌詞&動画視聴 - 歌ネット


しかし、ふと思い起こしますと、真のお父様のみ言は、人類歴史を語りつくしたみ言であり、これから先、百年、千年先まで、通じるみ言だったのです。


相対者が私の満42歳の誕生日にプレゼントしてくれた「訓教経(上)」を、私はおもむろに取り出して、最初のみ言を読んでみました。

1957年6月23日に語られた「強く雄々しくあって、失った福地を回復しよう」というみ言です。

訓教経(上)
強く雄々しくあって、失った福地を回復しよう
一九五七年六月二十三日
韓国前本部教会 『文鮮明先生み言選集第二巻』



「皆さんは今いかなる段階に到達しているかというと、先祖たちが苦難を受けて歩んできた六千年の歴史を踏み台として、審判の旗を高らかに掲げるべき立場に到達し、また、イスラエル民族に向かって『ヨルダン川を渡っていこう』と号令をかけたヨシュアとカレブの使命を代行しなければならない位置に来ているのです。」



posted by 若枝 at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

再臨のメシヤと統一教会が人類に提示することが出来た「変わらぬ価値」とは何のことか?

先日の投稿で、「再臨のメシヤと統一教会は、『変わらぬ価値』を人類に提示することが出来た」と書きましたが、
この「変わらぬ価値」とはいったい何のことでしょうか?

この「変わらぬ価値」を提示できたので、もう救い主を待つ必要もなくなった、と言うほどのものですから、どれほど凄いことか知れません。

他の宗教団体の説教の隅から隅まで探してもどこにも見つからず、これまで人類が研究してきたありとあらゆる知識にも含まれていない、ということになろうかと思います。


しかし、私たちは、これを一番最初に学びました。

一番大事なことなので、一番最初に出てくるのです。

原理講論の第一章第一節は「神の二性性相と被造世界」です。
これが、再臨のメシヤと統一教会が人類に提示することが出来た「変わらぬ価値」ということです。


「あ、なあんだ。それなら何十回も学びました。」と誰しも言うでしょう。
しかし、この凄さは並大抵のものではありません。
今まで、人類がまったく気がつかなかったことなのです。


「神の二性性相と被造世界」には、
「存在しているものは、・・・、陽性と陰性の二性性相の相対的関係を結ぶことによって、初めて存在するようになるのである。」と書いてあります。

これまで、人類は、陽性があり、陰性があり、関係性を持っている、ということは分かっていたと思います。
ここから科学が発達し、あらゆる人間関係もこれをもとに考えられていると思います。

しかし、メシヤが提示したのは、

「陽性と陰性が現れるよりも先に関係性があった」

ということなのです。上の文章をよく読むとそう書いてあります。

「えー?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
「現れるよりも先なら、まだ存在していないのだから、関係を持ちたくても持てないではないですか?」
と聞かれるでしょう。

しかし、メシヤは、「現れてからでは遅い」とおっしゃったのです。

「現れたときにはすでに、その関係性を持って現れてきた(生まれてきた)。」とおっしゃいました。

これが、メシヤが教えてくださった「変わらぬ」世界観です。
この関係性は神様によって与えられたということです。


たとえば、一人一人の人間が生まれてきたのは、神様が愛する対象としてその存在を願ったがゆえに、生まれてきた、ということが言えます。
ですから、いかなる人間も神様の愛の対象です。例外がないのです。

動物には、大きな動物から、小さな昆虫にいたるまで、それぞれ雄と雌があって、果てしなく広大な自然界の中でも、自分の相対を見つけ出して交尾をします。この雌雄の関係性は神様が創ってくださったものだということです。

そして、いかなる人間関係も、国家・世界の政治・経済も、この関係性に基づいて考えていけば、創造本然の姿に辿りつくことが出来るでしょう。

このように、再臨のメシヤと統一教会が人類に提示することが出来た「変わらぬ価値」というものは、何物にも替えがたく、他のいかなる宗教団体にもない、尊いものなのです。


聖歌7番「統一勇士の歌」 - YouTube



posted by 若枝 at 14:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする