2016年03月21日

日刊SPA!の統一教会に関する記事。

「日刊SPA!」の統一教会に関するインタビュー記事。

人々にもわかりやすい内容の記事で、よく説明してくれていると思います。


旧統一教会・国際合同結婚式の実務トップを直撃!「財産のすべてを差し出せ」に象徴される“異常献金”問題にも言及 | 日刊SPA!



posted by 若枝 at 10:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

神氏族的メシヤは何を語るべきか

土浦教会の回り階段のところにはパネルが掲げてあります。

文鮮明先生がニクソン元大統領やアイゼンハワー元大統領と会談したときの写真もその中にあるのですが、
それを見るたび、私は、文先生が彼らに話している内容は原理だと感じます。
今まで誰も知らなかった、神様が天地を創造された原理の内容です。

そして、私たち神氏族的メシヤも、この写真のお父様のところに代わりに入って、お父様と同じように語らなければならないと感じます。

神氏族的メシヤは、真のご父母様の代身の使命を果たさなければならないと思います。



posted by 若枝 at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

今回、多くの皆様のご協助を賜り、まことにどうもありがとうございました。

今回、我が家庭におきましては、非常に難しい難局を3月4日から11日にかけて越えることが出来ました。

多くの皆様のご協助を賜り、まことにどうもありがとうございました。


一時は、今住んでいる借家の更新も出来るかどうか分からず、また、資金繰りも完全にアウトという状況で、まったく先が見えない状態でした。

1月に、日本を代表する700余名の方々に、統一経済論の所在を知らせるメールをお送りしたのが区切り目でした。神様から一旦ストップがかかりました。

「ここで自分の使命は終わりなのか。もしこの先、天が自分を用いてくださるのでしたら、この難局を乗り越えさせてください。」と、祈祷しながら毎日のように涙が溢れてきました。

それが、今、不思議なくらい、すべてが解決していったことに、心から感謝をしております。

まだ、実感が湧かないくらいです。


これからどういう道をたどるのか、まったく分かりませんが、天に用いられているという自覚のもと、天の願いをまず考えながら、歩んでまいりたいと思います。

どうもありがとうございました。



ラベル:難局
posted by 若枝 at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

真の家庭から輩出される真の愛の人格によってのみ真なる社会国家世界の完成がある

先日、可知講師が、
「神氏族的メシヤ勝利による救国救世基盤造成講座『人類の一体化はいかに成されるか』」というタイトルで、
1Dayの講義をしてくださいました。

救国救世がいかになされるか、ということで、どんな講義内容になるのだろうかと興味津々で参加いたしました。


結論といたしましては、
「真の家庭から輩出される真の愛の人格によってのみ真なる社会国家世界の完成がある」
(資料より抜粋、1998.7.1のみ言)
ということになると思います。

「神様は、真の愛を中心として、人間を無限の価値者として完成させることによって、神様も真の愛の完成を成し、永遠の理想愛が宿る創造理想世界を完成されるのです。」
(同上、1994.2.1のみ言)


私は、この「真の愛の完成」というみ言に、8年前を思い出しました。

あのとき、お父様は、「真の愛を完成させなさい。」と、おっしゃいました。
私の内面世界 11

そのみ言に今再び出合ったことを通して、私は、我が家庭における摂理が一巡したことを悟りました。
そして、新たなる摂理が出発したことも悟りました。



posted by 若枝 at 11:36| Comment(2) | 基元節・天一国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

「あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている」

私は、時々、
「あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」
というイエス様のみ言(マタイによる福音書16章23節)が、脳裏をよぎります。

イエス様は、「御国の力をもって来る」(マタイによる福音書16章28節)と言われました。
そして、その通りに、メシヤは再臨され、真の父母となられて、天一国すなわち御国を開いてくださいました。


今、真のご父母様のみ言があり、また、会長から始まって部長と呼ばれる方々まで、様々な方々が、様々な観点で、み旨について語られます。
それで、いったい誰のみ言に従うべきだろうかと迷うことがあります。

私は、み言を聞いていて、時々、「あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」と感じるときがあります。

そして、聞いていてどうもすっきりしません。


しかし、真のご父母様のみ言を読みますと、これは、まさに、神のことを思って語られているみ言で、読んでいて心がとてもすっきりします。

それで、やはり、真のご父母様のみ言に従うべきだという結論になります。


「救国救世」も、真のお母様の語られる響きは神のことを思って語られる天一国の響きです。

それを、「救国救世」と言っても、この世の事情(人のこと)を考えて、天の願いと心情と事情を間引きして語る人のみ言についていってしまったら、神様とイエス様から受け継いだ真の父母様を中心とした創造本然の神の国、天一国を実現することは出来なくなってしまうことでしょう。



posted by 若枝 at 11:03| Comment(0) | 真のご父母様・メシヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

「救国救世」の意味する目的地

最近「救国救世」というみ言をよく聞きますが、この「救国救世」とは、どこまで行くことを指しているのでしょうか?

共産主義や無神論を撲滅すれば救国救世なのでしょうか?

原理講論には以下のようにあります。

「それでは、神は、この世界を、どの程度にまで救わなければならないのであろうか。いうまでもなく、その救いは完全な救いでなければならないので、神はどこまでもこの罪悪の世界から、サタンの悪の勢力を完全に追放し(使徒二六・18)、それによって、まず、人間始祖の堕落以前の立場にまで復帰なさり、その上に善の創造目的を完成して、神が直接主管されるところまで(使徒三・21)、救いの摂理をなしていかなければならないのである。」
第三章 人類歴史の終末論 第二節 救いの摂理


ここには、「神が直接主管されるところまで」とあります。

これが「救国救世」の意味する目的地であることは間違いありません。

すなわち、全人類が神様の真の愛を100%受けて、永遠なる愛の主管の中ですべての人が生きていくことの出来る世界にすることが、救国救世の意味するところと言えるでしょう。


真のお母様は、天一国基元節3周年記念式において、
「天が100パーセント主管する世界」
とおっしゃっています。



posted by 若枝 at 13:04| Comment(0) | み言・統一原理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする