2016年05月28日

オバマ大統領の声明

昨日、アメリカの現職大統領として初めて、オバマ大統領が、原爆投下のあった広島の平和記念公園を訪問しました。

そして、オバマ大統領は歴史的な声明を発表しました。

オバマ大統領の声明全文 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


「原子の分裂に導いた科学の革命は、道徳的な革命も求めている。」

「戦争そのものに対する考え方を変えなければならない。」

「『全ての人間は生まれながらにして平等であり、創造主によって、生命、自由と幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられている』(米独立宣言)。その理想の実現は、米国の中でも、米国民の間でも容易だったことはない。しかし、その物語に対して正直であろうと努力する価値がある。

 それは、懸命に努力するための理想だ。大陸や海を越えて広がる理想だ。全ての人に不可欠の価値だ。全ての命は貴重であるという主張だ。我々は人類という一つの家族を構成しているという根源的で不可欠な考え方だ。

 それが、我々が伝えなくてはならない物語だ。

 これが、我々が広島を訪れる理由だ。」

「広島と長崎は、核戦争の夜明けとしてではなく、我々の道義的な目覚めの始まりとして知られなければならない。」


1853年に米国艦隊が軍事力を背景に日本に不平等な通商条約を迫って浦賀に来航してから163年。
さらには、もっとはるか昔から戦争に明け暮れてきた人類。

オバマ大統領の声明は、ここまで高じてしまった人類の誤りを悔い改め、人類の方向転換を明確に宣言するものであった、と感じました。



posted by 若枝 at 10:51| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

伊勢志摩サミット

伊勢志摩サミットが開幕しました。

朝は何時から会議なのかな、と新聞を覗き込んで、
私は、あっと驚きました。

「午前 G7首脳が伊勢神宮訪問」

会議はその後、とのことでした。

これを見て、私は、今回のサミットにものすごく深い意味があることを改めて感じました。

ちょうど今、「古代日本 ユダヤ人渡来伝説」という本を読んでいます。

古代日本、ユダヤ人渡来伝説 : 坂東 誠 : 本 : 日本史一般 : Amazon.co.jp


この本によりますと、伊勢神宮はユダヤの会見の幕屋ととても似た構造をしており、灯篭のすべてにダビデの星が刻まれているそうです。
そして、「イセ」という言葉は「神の救い」を表す「イェシュ」から派生したヘブライ語だとするユダヤ人研究家もいるそうです。

ユダヤの会見の幕屋に参詣してから会議を始める。

こう考えてきますと、この伊勢志摩サミットはまさに人類史的な出エジプトが始まる歴史的な世界会議になるということを感じました。



そういえば、先日、息子のところの父母会があって、夫婦で仙台に行ってきました。
前の晩は秋保温泉に泊まったのですが、
ホテルに到着してフロントに立ったとき、
そこに貼ってあるポスターに、私は思わず、あっと驚きました。
「G7財務大臣・中央銀行総裁会議」がこの秋保で開催されるというのです。
私はその晩、露天風呂で、会議の成功を祈念して、祈りを捧げてきました。


天の摂理がうまく進むように心から祈っております。


伊勢志摩サミットが開幕…財政出動など議論へ : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)



posted by 若枝 at 10:41| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

後のエバ 善悪を知る木の使命をもった人類の真の母 の到来

人類はついに、後のエバとして「善悪を知る木の使命をもった人類の真の母」を実体としてお迎えするに至りました。

これが、韓鶴子総裁、真のお母様です。

天一国時代は、まさに後天開闢の時代です。


「アダムが創造理想を完成した男性、すなわち生命の木となり、エバが創造理想を完成した女性、すなわち善悪を知る木となって、人類の真の父母となったならば、そのときに、神の三大祝福が完成され、地上天国は成就されたはずであった。
しかし、彼らが堕落したので、反対に、地上地獄になってしまった。それゆえ、堕落人間を再び生み直してくださるために、イエスは、後のアダム(コリントT一五・45)として、生命の木の使命をもって(黙二二・14)人類の真の父として来られたのである。
このように考えてくると、ここに後のエバとして、善悪を知る木の使命をもった人類の真の母が(黙二二・17)、当然いなければならないということになる。
これがすなわち、堕落した人間を、再び生んでくださる真の母として来られる聖霊なのである。」


「神はイエスと聖霊を、後のアダムと後のエバとして立て、人類の真の父母として立たしめることにより、堕落人間を重生させて、彼らもまた、神を中心とする三位一体をなすようにしなければならないのである。
しかし、イエスと聖霊とは、神を中心とする霊的な三位一体をつくることによって、霊的真の父母の使命を果たしただけで終わった。したがって、イエスと聖霊は霊的重生の使命だけをなさっているので、信徒たちも、やはり、霊的な三位一体としてのみ復帰され、いまだ、霊的子女の立場にとどまっているのである。
ゆえに、イエスは自ら神を中心とする実体的な三位一体をつくり、霊肉共に真の父母となることによって、堕落人間を霊肉共に重生させ、彼らによって原罪を清算させて、神を中心とする実体的な三位一体をつくらせるために再臨されるのである。
このようにして、堕落人間が神を中心として創造本然の四位基台を造成すれば、そのとき初めて、神の三大祝福を完成した地上天国が復帰されるのである。」

原理講論 第七章 キリスト論 第四節 重生論と三位一体論



posted by 若枝 at 18:29| Comment(0) | 基元節・天一国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

後のアダム、後のエバ

韓鶴子総裁、真のお母様が、「独り娘(独生女)」ということを繰り返しおっしゃられます。

私は、今まで、このことがどれほど重要な意味を持っているのか、十分に分かっていなかったと思います。

しかし、今朝、これは「後のエバ」の出現を意味しているのだ、ということを悟りました。


今まで私は、真のお父様、再臨のメシヤとの関係性のなかで、真のお母様を考えていました。
しかし、神様の目から見てみましたときに、
「後のエバ」の出現というものは、これ以上嬉しいことなどありえない、ものすごい出来事だったのです。
ものすごい、という表現ではまったくもの足りないくらい、ものすごい出来事だと思います。


これまでの人類歴史は、人類始祖のエバが天使長に誘惑されて堕落してから出発しましたけれども、
「後のエバ」の出現は、この過去の歴史をすべて過去のものとして忘れて、本然の人類の歴史が新たに出発することを意味しています。

イエス様のとき、「後のアダム」が出現したこともすごかったのですが、イエス様が結婚することが出来ず、「後のエバ」を実体として見ることが出来なかったというのは、人類歴史がここまで到達することが出来なかったことを意味していると思います。

「後のエバ」の出現は、数千年、数万年経った後も、神話として語り継がれるようになることでしょう。


2000年前、「後のアダム」が出現したとき、人々は、
「この人が悪霊を追い出しているのは、まったく悪霊のかしらベルゼブルによるのだ。」
(マタイによる福音書12章24節)
などといいました。

真のお母様も、人々からそのように言われるかもしれません。

堕落したエバにおいて、長子のカインが次子のアベルを殺すような恨みを持ったのですから、
真のお母様は、これを蕩減するような道を行かなければならないかもしれません。

イエス様が十字架にかけられて死んだあと、人々が悔い改めとともにキリスト教を出発したように、
真のお母様のことを悟れず、後から悔い改める人々がこれからたくさん出てくるかもしれません。


しかし、真のお母様すなわち「後のエバ」が出現したことは、神様の人類救済と創造目的完成への道において、これ以上大きな出来事はないでしょう。



「アダムが創造理想を完成した男性、すなわち生命の木となり、エバが創造理想を完成した女性、すなわち善悪を知る木となって、人類の真の父母となったならば、そのときに、神の三大祝福が完成され、地上天国は成就されたはずであった。
しかし、彼らが堕落したので、反対に、地上地獄になってしまった。それゆえ、堕落人間を再び生み直してくださるために、イエスは、後のアダム(コリントT一五・45)として、生命の木の使命をもって(黙二二・14)人類の真の父として来られたのである。
このように考えてくると、ここに後のエバとして、善悪を知る木の使命をもった人類の真の母が(黙二二・17)、当然いなければならないということになる。
これがすなわち、堕落した人間を、再び生んでくださる真の母として来られる聖霊なのである。」
(原理講論 第七章 キリスト論 第四節 重生論と三位一体論)



posted by 若枝 at 08:10| Comment(0) | 真のご父母様・メシヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする