2014年10月27日

dream aju より、「顕進様のお母様に対する思い」より抜粋、というメールをいただきました。

dream aju より、「顕進様のお母様に対する思い」より抜粋、というメールをいただきました。

そこには、韓国で神山先生の通訳をしたという方のブログが紹介されています。

そして、そこには、「日本では統一教会は社会的信用を失っているし、韓国でも統一教会と関係していると知ったとたんに協力関係が結べなくなってしまうから、統一教会を母体として世界平和を実現していくのは簡単なことではない。だから云々」

ということが書かれていました。

しかし、この発想は根本的に間違っています。

あたかも、我々人間が世界平和を実現していくかのようにおっしゃっているからです。

原理講論には次のように書かれています。

「我々は、「み旨」とは何であるかということについて、先に調べてみよう。神は人間の堕落によって、創造目的を完成することができなかった。したがって、堕落した人間たちに対して摂理される神のみ旨は、あくまでも、この創造目的を復帰することにある。言い換えれば、この「み旨」は、復帰摂理の目的の完成をいうのである。

つぎに、我々は神がこのようなみ旨を予定されて、これを成就なさるということを知らなければならない。神は人間を創造されて、創造目的を完成するみ旨を立てられたが、人間の堕落により、そのみ旨を達成できなかったので、神はそのみ旨を完遂なさるために、それを再び予定して、復帰摂理をされるのである。」

(原理講論 第六章 予定論 第一節 み旨に対する予定)


すなわち、み旨とは神様がなさることです。
それを、人間的に見て難しいから他の方法を考えるというのは、自己の位置を離れてしまうことになります。



posted by 若枝 at 09:14| Comment(4) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 花火と案 at 2014年11月24日 17:54
いつも、いろいろとコメントして頂きありがとうございます。
沢山のコメントにお答えしておられますが、現実は皆さんの言う通りですよ!
責任は、献金です。原理にも書いてありません?
責任者は各基台長に何を言っていますか?
それゆえに、周りは教会を禿鷹と言っています。
はっきりと教会の社会的地位は最悪です。
韓国の牧会者は、伝道も、牧会せずに悪の強要をして日本を貶めています。
はっきりした歴史的事実を公表してはいかがでしょうか?

コメントはいりません。つらいですが現実です。
Posted by 花火と案 at 2014年11月24日 18:09

花火と案様、ご投稿ありがとうございます。

コメントはいりませんとのことですが、違った角度から一言、投稿させていただきます。

宗教は、どこの宗教でも、献金というものがあると思います。

キリスト教でも「すべてを捨てて」と言います。

これは、何よりも神を愛する実践のためです。

つらいと感じる現実であることは確かです。


Posted by 若枝 at 2014年11月24日 22:57

私たちの生きている地上世界だけを見れば、お金はとても大事なことに見えますが、
神様から見れば、地球の裏側で餓死するような人もいる今の人間社会は間違っており、
お金に支配されて生きることは神様の願いではありません。

しかし、信仰が弱いとお金に支配されてしまうところがあります。

韓国では、あっちならば給料が出るという理由で、統一教会を捨てて分派に行ってしまった牧会者が何人もいたと聞きました。
お金とはそれほど恐ろしいものです。

お金と神様のどちらを取るのかが迫られます。


Posted by 若枝 at 2014年11月25日 17:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: