2015年10月21日

夢の中で、真のお父様は「統班撃破」と語られた。

先日、真のお父様の夢を見ました。

たぶん、病院の一室にいたのだと思います。救急車が外に止まって、部屋に誰かが数人の人たちと入ってきたのですが、それが、肩を抱きかかえられた真のお父様でした。

真のお父様はお元気そうでした。部屋に入ってこられ、私の目をしっかりとご覧になりました。
私が、自分の名前を言うと、お父様は私のことをご存知のようでした。そして、私が統一経済論を研究していることもご存知だったようで、「知っているよ。」とおっしゃってくださり、とても喜んでくださいました。

そして、お父様は
「先生は統班撃破をしようと思う。」
とおっしゃいました。

夢の話はここまでですが、「統班撃破」とはどういう意味だったかなと、み言を検索してみました。

すると、以下のようなみ言が出てきました。

「皆さん、統一教会の祝福家庭は、この「七・一節」を中心として、国家がすべて回るようにしなければなりません。
 統班撃破というものを宣布しました。知っているでしょう。統班撃破を完全にしたならば、南北と連結させるのです。そうしたならば、与党、野党を糾合し、先生を中心として完全に天の側へと引っ繰り返して打ち込むのです。」
第六回「七・一節」敬礼式後の御言



posted by 若枝 at 11:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
統一経済論、お父様の夢、教えられます。
統班撃破、以前に扱いました。コメントも参考になります。
よかったら、どうぞ
http://ameblo.jp/poomchai/entry-11999193537.html?
Posted by プームチャイ at 2015年10月21日 16:11

プームチャイ様、ご投稿ありがとうございます。

「洞」と「統」では、ずいぶんと感じが違いますね。

プームチャイさんのおっしゃるとおりだと思います。


み言には、以下のようなみ言がありました。
「米国の食口や全世界が、入籍修練を受けた人々が、すべて行って、家庭、村々の班で、統、班、里、面、どこでも、洞統班、班統洞、班里面、これは、すべて公式です。地方もそのようになっており、郡も、そのようになっており、道もそのようになっており、首都圏もそのようになっているので、統一は難しくありません。分かりますか? 簡単です。」
(「以北出監五十二周年・『霊界統一解放式』二周年記念式」における御言)
http://malsm.info/private/mlsm/20021014.html

どうやら、韓国では、洞と統を近い意味で使っているようです。

Posted by 若枝 at 2015年10月21日 17:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: