2016年06月06日

昨日の礼拝は、「四つの聖物」についての特別教育・前編でした。

昨日の礼拝は、「四つの聖物」についての特別教育・前編でした。

最初に、真のお母様の祝祷をお聞きいたしました。
お母様は、祝福家庭がこれまで自分たちの生活のことばかりを心配して天の御心に生きられなかったことを悔い改め、新しい出発が出来ますようにと、祝祷してくださいました。

そのあと、徳野会長と阿部教会成長研究院院長の解説がありました。
解説の中では、これまでの聖物との違いと、具体的に、血統問題、心情蹂躙問題、公金問題などについての恩赦ということも語られ、ほんとうに、これまでの罪をすべて悔い改めて、新しい出発がなされる、ということを感じました。


具体的にいえば恩赦ということになるのですが、
真のお母様の祈りはもっと神様に近いところにあったと、私は感じました。


真のお母様の祝祷を聞いて、「ああ、この方はほんとうに人類の真の母だ。」と感じました。


なぜそう感じたかと申しますと、
お母様が祈りの中で語られたみ言は、単に天に許しを請うといったことではなくて、神様の願う創造本然の人間の基準に立てなかったことを悔い改める、という内容だったからです。

聖酒を飲めば許されますとか、精誠献金をいくら捧げれば許されますとか、みんなが天国に入れますようにとか、あるいは、もう天一国は来ているのだから信じなさいとか、そういう次元ではなくて、
創造本然の人間としてどうなのか、神様の天地創造の本来の目的に対して私たちはどうなのかと、真のお母様はおっしゃっていました。


神の国が始まるかどうかは、この真のお母様のご心情に相対した子女たちに私たちがなれるかどうか、にかかっていると思います。


みんなで、ともに、神の国を顕現してまいりましょう。



posted by 若枝 at 12:53| Comment(2) | 基元節・天一国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の住んでいる地域は、19日に1dayと称して実施されます。血統問題は無いと記憶していますが、我知らず桝添都知事的なことで引っ掛かっていると怖いので、参加する予定にしております。
Posted by Yoshihumi.M at 2016年06月17日 10:54

舛添都知事はどうしてあんなことになっちゃったんでしょうね。
甘い汁に漬かると人間は意外ともろいものなんでしょうかね。
Posted by 若枝 at 2016年06月17日 13:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: