2016年06月13日

原理講論の訓読  天一国四大聖物伝授および聖酒式のための40日精誠期間

今日から「天一国四大聖物伝授および聖酒式のための40日精誠期間」ということで、
朝の祈祷会で原理講論の訓読が始まりました。

今日は総序の最初の9ページをみんなで訓読いたしました。


なんと言っても我が家庭連合(統一教会)の誇りはこの原理講論に綴られている真理なるみ言です。
普段、教会で色々やっていたとしても、この真理を耳にしない教会はとてもさびしいものです。
それが、こうして、食口みんなで原理講論を訓読すると、教会が原点に返った感じがして、とても嬉しく思いました。


その真理なるみ言とは、一言で言えば「二性性相の相対的関係」であり、ここから展開される真実なるみ言です。

これは他のどの教団にもない、世界で唯一のみ言です。

今まで人類は、内的真理と外的真理を一つに出来なかったがゆえに、世界を平和に出来ずに来ました。
人類の歴史は気の遠くなるような長い期間であり、無数の人々が平和な世界を夢見つつ死んでいきました。
それが、こうして、内的真理と外的真理を一つに出来る真理なるみ言が与えられて、人類は初めて、平和な世界を構築出来るようになったわけです。


ですから、この真理なるみ言を人類に伝播して、創造理想世界を実現していくことが、教会の目的であり、これからの私の地上での人生であると再認識いたしました。
そして、これこそがまさに、真のご父母様がVision2020に願っていらっしゃることだと感じました。



posted by 若枝 at 08:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: