2016年12月03日

「祝福家庭の皆様へ」と題するS夫人のメッセージを読ませていただきました

「祝福家庭の皆様へ」と題するS夫人のメッセージを読ませていただきました。

「ありゃー」と言う内容でしたが、私は、S夫人を真っ向から批判したりはしません。

お母様が「独生女(独り娘)」でいらっしゃるというのは、堕落したエバの立場を蕩減復帰し、真のエバの立場を勝利したということを意味しています。
ご子女様の母としてどうかという前に、神様の前に真のエバであるかということがまず重要なので、「独生女(独り娘)」が出て来ざるを得ません。


人類歴史は、人間始祖エバの堕落から始まった歴史をさかのぼって、真のエバにまでたどり着かなければならなかったのだと思います。その鍵を握っていたのがメシヤです。


そして、今、真のお母様は、見事に「独生女(独り娘)」の勝利宣言をし、人類歴史を再出発させた上で、後の責任はすべて私たちに託してくださっているのです。

世の中と教会内部と、内外ともに大混乱している今のときですが、「独生女(独り娘)」の勝利宣言があって人類歴史が再出発したことこそ、人類にとって、何物にも替え難いことなのです。


(だからこそ統一経済論も出て来れたと言えるでしょう。)



ラベル:独り娘 独生女
posted by 若枝 at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: