2016年12月24日

今現在思っていることを少々述べてみようと思います。

最近、警備の仕事に就きました。

警備の仕事は、24時間勤務を終えて迎えた日を「明け」と言って、明けの日は朝帰宅した後一日フリーなので、色々と自由が利く、とても都合のよい仕事だと思います。

しかし、勤めた会社の賃金は法定最低賃金なので、世の中で一番下の仕事だと言えなくもないでしょう。

東大まで出た私が、世の中の最低賃金で働くことになったのですから、どうしてこうなったのかを考えてみざるを得ません。

それで今現在思っていることを少々述べてみようと思います。


真のご父母様との出会いは、私にとっては、言葉を換えれば、「真理」との出会いでした。
我々人類は、未だに、人種差別や経済格差の問題などを解決することが出来ず、紛争で殺し合いをも繰り返しています。
こういう無知なる我々人類ですが、この真理は神様がメシヤを通して私たち人類にもたらしてくださった真理です。

人類の中の誰かが、この真理を真に受け止めなければ、我々人類に未来の希望はないでしょう。
ですから、私は、すべてのことを後回しにして、まず、この真理を獲得しようと生きてきた、と言えます。
神様はそういう私と私の家族をつねに守ってきてくださった、と感じます。


真のお母様は、「今度はあなたたちが責任を果たす番です。」とおっしゃっています。
真のお母様は、もうご自身の使命は果たされたのです。

教会の責任者や牧会者は、私たちが責任を果たせるように、み言を語り、協助することをしています。

平和大使として招かれた政治家や学者の先生方は、言うなれば、み言を学び始めたばかりの方々であり、彼らもまた、み旨を果たす責任者にまではなっていないようです。

では、いったいどこに神様のみ旨を果たす人間がいるのだろうか?と考えてしまうのですが、
結局、み旨を果たす責任者は私たち自身なのです。


では、どうしたら、この大責任を果たすことが出来るだろうか、「家庭では孝子、国家では忠臣、世界では聖人、天宙では聖子の家庭の道理を果たす」ということが出来るだろうか、と考えあぐねるのですが、
そうするためには、まず、この「真理」を自分のものにしなければならない、という結論になります。


それで、「真理」探究の道をたどってきました。
そして、ずいぶんと時間が掛かりましたが、齢54にして、「真理」獲得までの目標は達成出来たと思います。
40歳から47歳、47歳から54歳の2度にわたる7年路程だったと思います。
神様との出会い、宗教、科学、経済の道を辿ってきました。
それで、今、折り返し地点です。

真理を持ち帰った私は、これから、世の中の最下層から入って、地上に天国を実現すべく、真理によってこの世を作り変えていく作業に入っていこうと思っています。


私が、今、最大の武器として考えているのは、ツイッターです。

「今の社会は、お金が人を隔て、お金が地獄まで作っています。」というキーワードでツイッターを検索すると、もしかしたら私のツイートが出てくるかもしれません。



posted by 若枝 at 13:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: