2017年02月24日

「真のお父様は原罪があって生まれ、真のお母様は原罪なく生まれた。」に思う

最近、「真のお父様は原罪があって生まれ、真のお母様は原罪なく生まれた。」と真のお母様が元老食口に語られた、として、食口の間で噂され、動揺が広がっているようです。

私も、このみ言を真のお母様が語っているのを映像で見たとかではないですが、このみ言に堪えられず分派に行ってしまった元老食口の方がいらっしゃることなどから、もしかしたら、お母様がそのように語られたのかもしれない、と思っています。


真のお母様を格上げし、真のお父様を格下げするように思えるこのみ言ですが、私はこのみ言の意味をそうだとは思いません。

原罪とはその人のゆえではなく、人間始祖の罪のゆえであることを思いますと、真のお父様に原罪があるかないかは、真のお父様の問題ではなく、真のお父様の位相に傷をつけるものではないと思います。
むしろ、真のお父様は、イエス様を殺害した人類の立場から再臨のメシヤの立場にまで勝利する前人未到の道を歩まれた偉大な方であることを意味していると思います。

そして、真のお父様が勝利されたからこそ、神様は、相対となるべき無原罪の真のお母様を地上にお送りになることが出来たのであり、もし、真のお父様の勝利がなければ真のお母様も出現することは出来なかったでしょう。

真のお母様が真のお父様を慕っていらっしゃるご心情は、これ以上なく大きいものであることを感じます。



ラベル:原罪 独生女
posted by 若枝 at 18:57| Comment(4) | 真のご父母様・メシヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どう考えても無理があるでしょう。
原罪がある人が無原罪になれるなら、メシヤは必要ないという理屈になるでしょう。
原理講論から読み直さないとね。
Posted by at 2017年04月03日 18:25
これについて私はお母様が本当にそう語られているのか疑問に思い調査中です。なぜなら、公的に語られている内容だけであるなら、お父様が16歳のときにイエス様から使命を継承されたのは独り子の資格があったからですと理解でき、それと同じように私もと言う意味でで語ったに過ぎないと思われるからです。いろいろ言われていますが、少しだけ言葉を付け加え、ニュアンスをすりかえればおなじみ言葉が違う意味になります。慎重であるべきです。
Posted by HI at 2018年02月13日 21:31
今本部の見解はあくまでも双方原罪なく生まれたという立場です。私は個人的にはイエス様の生まれた条件があるため、原罪のないアダムの立場の物を一人はある程度の条件がある家庭には送れると見ていますし、当然その場合一人だけの条件しかありませんので兄弟は無原罪ではありません。イエス様が独り子として生まれた条件の故だからです。このような観点も可能なので、お母様が語った内容の全体像が明らかでない今、見解をお父様原罪ありの見解を示すのは危険です。
Posted by HI at 2018年02月13日 21:40
物→者
Posted by HI at 2018年02月13日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: