2017年04月03日

「真のお父様は原罪があって生まれ、真のお母様は原罪なく生まれた。」に思う、にいただいたコメントへのお返事

記事「真のお父様は原罪があって生まれ、真のお母様は原罪なく生まれた。」に思う

にコメントをいただきまして、これがとても重要な内容でしたので、返信を、コメントではなく、新規投稿にさせていただきました。

いただいたコメントは
「どう考えても無理があるでしょう。
原罪がある人が無原罪になれるなら、メシヤは必要ないという理屈になるでしょう。
原理講論から読み直さないとね。」
というものでした。


以下、返信です。

コメントありがとうございます。
ご指摘に従い、原理講論を読み直してみました。
すると、わかりましたことは、原罪のない真の父の摂理と、原罪のない真の母の摂理があったことでした。

まず、
「堕落人間がサタンを分立して、堕落以前の本然の人間として復帰するには、原罪を取り除かなければならない。ところで、この原罪は、人間が、その真の父母として来られるメシヤによって重生されるのでなければ、取り除くことはできないのである。」(緒論)

とありますから、堕落人間の原罪は真の父母によってしか取り除けません。
原罪清算よりも真の父母のほうが先でなければならない、ということです。

次に、
「イエスには原罪がない」(キリスト論)
「ところで、父は一人でどうして子女を生むことができるだろうか。堕落した子女を、善の子女として、新たに生み直してくださるためには、真の父と共に、真の母がいなければならない。」(キリスト論)
「イエスは自ら神を中心とする実体的な三位一体をつくり、霊肉共に真の父母となることによって、堕落人間を霊肉共に重生させ、彼らによって原罪を清算させて、神を中心とする実体的な三位一体をつくらせるために再臨されるのである。」(キリスト論)

とありますから、
原罪のない真の父であるイエス様、その再臨である真のお父様、原罪のない真の母である真のお母様、真のお父様と真のお母様で真の父母、
というふうにならないと、堕落人間の原罪清算は不可能だということになると思います。



ラベル:原罪 再臨主
posted by 若枝 at 19:36| Comment(0) | 真のご父母様・メシヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: