2020年04月29日

今日は、「ショーシャンクの空に」を見ました。

今日は、「ショーシャンクの空に」を見ました。

先日、真のお母様の自叙伝を読んでいましたら、この映画が出て来たので、すぐにJ:COMの予定表を見ましたら、翌日放映される予定になっていたので、録画しておきました。

それを今日見ました。

前半は、冤罪で牢獄に入った主人公の話で、どこにでもありそうな話なので、どうしてこの映画にそんなに感動したんだろう、という感じでしたが、主人公が脱獄するあたりから、受け止め方が変わってきました。

一番心に残った言葉は、
主人公が、出所してくるもう一人の主人公のために隠しておいた手紙の中身なのですが、

「レッド 希望はすばらしい
 何にも替え難い
 希望は永遠の命だ

 これを読む君が
 元気だといいが」

という言葉です。

この瞬間、私には、この主人公が、真のご父母様にダブって見えました。

この堕落世界を抜け出して先を行かれる真のご父母様です。
そして、この手紙はまさに、真のご父母様が私たちに残しておいてくださった手紙のようでした。

「これを読む君が
 元気だといいが」

この言葉に、私はとても励まされました。



posted by 若枝 at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: