2017年03月18日

「統一コリアへのビジョン」を読んで

今回顯進様が開催されたフィリピン・マニラのGPC大会に参加された方々の感想文を、dream ajuが送ってきてくださいました。

顯進様は現在、教会から距離をおいて活動していらっしゃるのですが、
感想文の中に、顯進様が出版された「統一コリアへのビジョン」という本に顯進様の活動の方向性が詳しく書いてある、とありましたので、一度買って読んでみることにしました。

統一コリアへのビジョン | ヒョンジン・プレストン・ムン |本 | 通販 | Amazon


読んでみて、わかったのは、顯進様の運動が目指している方向性と我々の方向性の違いでした。

我々の方向性は、
ワンファミリー・アンダー・ゴッドを成すことです。

一方、顯進様の運動の方向性は、
ワンファミリー・アンダー・ゴッドのビジョンでみんなが一つになることでした。

これは同じように見えても、本質的に違います。

言うまでもなく、前者は、神様が中心であり、神様の願いをなすことです。しかし、後者は、神様が中心のように見えますがそうではなく、人間が中心であり、人間の願いをなすことになってしまうのです。


真のご父母様が、真の父母にとことんこだわり、真の父母の顕現こそが重要である、と語られるのは、真の父母がワンファミリー・アンダー・ゴッド(神様の家庭)を成すにおいて不可欠だからです。
イエス様が、独り子の位置にこだわり、十字架に架けられて殺されても譲らなかったのは、それが、ワンファミリー・アンダー・ゴッドを成すにおいて不可欠だったからです。

しかし、ワンファミリー・アンダー・ゴッドのビジョンでみんなが一つになろうと言った場合には、十字架も真の父母も実際には必要なく、必要なのはビジョンということになります。
そして、同じようなことを言った人はこれまでにもたくさんいたのです。


神様がほんとうに求めていらっしゃるのは、神様の家庭になることであり、ワンファミリー・アンダー・ゴッドを成すことだと思います。



posted by 若枝 at 16:58| Comment(0) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

Joho 2013より、「独生女に関するみ言(参考資料)」と題するメールをいただきました。

Joho 2013より、「独生女に関するみ言(参考資料)」と題するメールをいただきました。

一番問題になっているのは、独生女は、独り子が創造したものなのか、神様が創造したものなのか、という点ですが、

送られてきたメールのみ言を読みますと、「独り子は独生女をサタン世界から探して来なければならない」と書いてあります。どうして探してこなければならないかというと、「アダムが責任を果たせず失ってしまったからだ」と書いてあります。


>「神様が失われた歴史的な時代、アダムとエバが失敗した歴史時代に初めて神様の愛を受けることのできる血統的内容を中心として地球に独り子が生まれました」これが聖書の骨髄思想ではないですか。「地球に独り子が生まれました。神様の長子が生まれたというのです。しかし、独り子は生まれましたが独生女がいません」なぜ?エバは堕落したので、サタン世界から探して来なければなりません。アダムが責任を果たせず失ってしまったのです。
>資料:み言選集 348巻55ページ 2001.07.06
> <神様は私達の真なる王であり真なる父母(W)>
>


紹介された他のみ言を見ても、同様に、「探して来なければならない」と書いてあります。
探して来なければならないということは、神様はすでに創造してくださっていたということです。


神様王権即位式におけるみ言が紹介されていますが、

>イエスが来ることによって初めて独り子という神様を中心として失われた歴史時代に、アダムとエバが失敗した歴史時代に初めて神様の愛を受けることのできる血統的内容を中心として初めて地球に独り子が生まれたのです。長子が生まれたというのです。息子が生まれましたが、独り子は生まれましたが独生女はいません。ところが
>4千年の間、救援歴史を通してはじめて神様が多くの苦労をしてアダムの創造をもう一度成したのと同じです。
> 資料:み言選集 342巻265ページ 2001.01.13 <神様王権即位式>

このあとを読んでみますと、

「アダムをつくられたので、その次はエバをつくられるのですが、エバは、アダムをまねてつくるのです。相対となることができるように、まねてつくるのですが、それはどういうことかといえば、アダムをつくった原則、ブループリント(青写真)を中心として、それをまねてエバをつくったというのです。」
「神様王権即位式」における御言

と書いてあります。

すなわち、神様が、エバの創造をもう一度成したということです。


また、

>男性が生まれたので女性を見つけなければなりません。女性を失いませんでしたか?サタン世界から女性を探すには再創造して準備しなければならないのです。イスラエル選民を中心としてメシアを
>4千年間待って送られて来たのに捕まえて殺しました。そのメシアを捕まえて殺したイスラエル民族が地上に血を流さずには足の踏み場がなかったのです。
>資料:み言選集 342巻235ページ 2001.01.12
><真の父母と神様王権即位式>

というご紹介いただいたみ言も、準備したのは、男性が探すのに準備しておかなければならないということで、準備したのが神様だということがわかると思います。

み言にこうはっきり書いてあるのに、Joho 2013の方々はみ言をその通りにつかんでいないように思います。



タグ:独生女
posted by 若枝 at 14:10| Comment(0) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

dream ajuより、「韓半島統一? 「弘益人間」に答えがある(新東亜11月号インタビューより)」 と題するメールをいただきました。

今日は県内で大会が行なわれているのですが、私は母の看病で家に残っています。

dream ajuより、「韓半島統一? 「弘益人間」に答えがある(新東亜11月号インタビューより)」
と題するメールをいただきました。

ここには、最近の顯進様のご様子が掲載されていました。
メールの記載内容は以下のブログに掲載されているようです。

「新東亜」 韓半島統一? ”弘益人間”に答えがある - Dr.文顕進(ムン・ヒョンジン) - Yahoo!ブログ


この「弘益人間」という言葉は、昔から韓国にある言葉のようですが、お父様のみ言にも使われています。

平和メッセージ11 世界基督教統一神霊協会(統一教会)公式ホームページ
後天開闢時代の平和大使の使命



そして、この両者を読むと、お父様と顯進様の観点の違いがあまりにも明確に分かります。


お父様は、このみ言の中で、
「弘益人間の精神を受けて生まれた全国平和大使の代表指導者」と、
聴衆に呼びかけられ、

「人間は神様の創造理想を知らないという無知に陥ったので、人類歴史上ただの一度も天が喜び得る恒久的平和を実現させられなかった」
としながら、

「不完全な人間ばかりを中心として展開する平和運動」を否定され、
「天がこの時代に、真の父母様を中心として全世界的次元で展開していらっしゃる摂理」と、
「天の摂理」を説いていらっしゃいます。


一方、顯進様は、
「弘益人間は韓民族の起源であると同時に、私たちの夢となり、民族のアイデンティティを形成した。それは民族の運命を達成しようとする精神的な意識から表出した哲学である。私たちの運命は、金九先生が予言したように、道徳的権威を備えた新しい国家を創造することに繋がっている。天が私たちに与えた運命は、韓民族と韓半島、アジアと世界のための未来を創造するようにという命令である」(上記ホームページより)
と語られ、

「天が与えた運命」と言いつつも、

「弘益人間という哲学を持った私たちが未来を創造する」と、
「人間の摂理」を説いていらっしゃるのです。


顯進様の現時点でのお考えは、お父様やお母様、天のみ旨や統一原理とは180度違ったところにあるようです。



タグ:弘益人間
posted by 若枝 at 16:28| Comment(0) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

dream aju より、「顕進様のお母様に対する思い」より抜粋、というメールをいただきました。

dream aju より、「顕進様のお母様に対する思い」より抜粋、というメールをいただきました。

そこには、韓国で神山先生の通訳をしたという方のブログが紹介されています。

そして、そこには、「日本では統一教会は社会的信用を失っているし、韓国でも統一教会と関係していると知ったとたんに協力関係が結べなくなってしまうから、統一教会を母体として世界平和を実現していくのは簡単なことではない。だから云々」

ということが書かれていました。

しかし、この発想は根本的に間違っています。

あたかも、我々人間が世界平和を実現していくかのようにおっしゃっているからです。

原理講論には次のように書かれています。

「我々は、「み旨」とは何であるかということについて、先に調べてみよう。神は人間の堕落によって、創造目的を完成することができなかった。したがって、堕落した人間たちに対して摂理される神のみ旨は、あくまでも、この創造目的を復帰することにある。言い換えれば、この「み旨」は、復帰摂理の目的の完成をいうのである。

つぎに、我々は神がこのようなみ旨を予定されて、これを成就なさるということを知らなければならない。神は人間を創造されて、創造目的を完成するみ旨を立てられたが、人間の堕落により、そのみ旨を達成できなかったので、神はそのみ旨を完遂なさるために、それを再び予定して、復帰摂理をされるのである。」

(原理講論 第六章 予定論 第一節 み旨に対する予定)


すなわち、み旨とは神様がなさることです。
それを、人間的に見て難しいから他の方法を考えるというのは、自己の位置を離れてしまうことになります。



posted by 若枝 at 09:14| Comment(4) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

Joho 2013から、「まだ実体がないのに何が憲法制定なのか?」と題するメールをいただきました

Joho 2013から、「まだ実体がないのに何が憲法制定なのか?」と題するメールをいただきました。

彼らの意見を題材にすると、今回の天一国憲法の制定について、より深く確認することが出来そうですので、少し書いてみたいと思います。


まず、彼らは、「まだ実体がないのに何が憲法制定なのか?」と言って、お父様の次のみ言を引用しています。

「神様の主権を持つためには何が必要でしょうか。神様の理想的な憲法が制定した法を設定しなければなりません。思想がなければなりません。理想がなければなりません。その次に、国土がなければなりません。民がいなければなりません。国家形成の三大要件を皆さんが持っていると判断できる何の実体がありますか?偉そうにして、肩に力を入れて動き回る人々だったというのです。詐欺師であり、寄生虫です。それを知らなければなりません。恥ずかしい自分の姿を知らなければなりません。(み言選集571-47、2007.8.7)」


このみ言を読みますと、法と国土と民という三大要件が神様の主権を持つためには必要で、これらがなければ恥ずかしい自分である、ということが書いてあります。

ですから、「まだ実体がないのに何が憲法制定なのか?」と言っているのは、お父様のみ言の意味をまったく理解出来ていないし、自分が恥ずかしい存在であることすらわかっていないことになります。


真のお母様が憲法制定まで成し遂げてくださったことが、人類にとってどれほど無限なる愛であるか、ということです。

天一国憲法の制定自体が、人類を救う決定的要件であることがよく理解出来ます。


また、私たちが、天一国憲法にふさわしい民になっているかも併せて考えてみなければなりません。

Joho 2013のメールには、

「摂理史によると、神様は、真のお父様を人類の救世主、メシア、再臨主として送られ、真のお父様が真のお母様を探し立てられることにより、真の父母様の使命を成就すると説明されている。第3アダムとして来られた真のお父様を中心とした摂理は、聖婚を通した天地人真の父母の確立と三代圏真の家庭定着という過程を通して徐々に実現されるのである。」

とあり、

「三代圏定着の土台が足踏みした状態であるにもかかわらず無理に法制定を推進することにより、真の愛の王国法となることができず、服従強要と処罰、脅迫による一貫して奇形的な法律となってしまっている。」

などと書かれています。

彼らは、「三代圏定着の土台が足踏みした状態である」ことを認め、このことのゆえに「法制定は無理がある」と言っているのですが、これは、責任を真のご子女様に押し付け自分自身を省みない無責任な姿勢だと言わざるを得ません。

天一国憲法が奇形的な法律と彼らの目に映るのも、このような、天一国憲法にふさわしいとは言えない無責任な姿勢が影響しているものと思われます。

問題は、私たち自身が、神様の血統を受け継ぐカインの子女として、三代圏真の家庭定着基盤を造成すればよいのです。

真のご父母様が私たちに与えてくださった祝福には、これが出来る権能が与えられていることを忘れてはならないと思います。



posted by 若枝 at 12:20| Comment(0) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

Joho 2013から、「日本教会「清平教」化を危惧!」と題するメール

Joho 2013から、「日本教会「清平教」化を危惧!」と題するメールをいただきました。

日本統一教会の「清平教」化を危惧している教会員がいるとのことで、
どうして危惧しているのかと言いますと、清平は御利益信仰で原理観がないから、ということでした。


しかし、私は、清平は御利益信仰ではない、と思います。

清平の摂理で、先祖を解怨して絶対善霊にし神様の血統につなげることは、非常に重要な摂理だと思います。

血統転換された私たちから後の世代についてはこれから先ずっと世々限りなく続いていきますが、

私たちの先祖については一気に血統転換して、アダムから私たちに至るまでのすべての人類を一度に神の血統に変えていくことが出来ます。

それをやっているのですから、清平の摂理は人類にとって、ものすごく大切な摂理だと思います。

おかげで、地上での摂理が非常にやりやすくなっていると感じます。


御利益信仰といったら、自分の幸せばかりを目的として、願をかけるものです。
清平はこれとはまるで違うのですから、「清平教」化を危惧しているというのは、清平の摂理をよく理解していないだけではないでしょうか。

確かに、中には、自分の幸せを目的として清平に行っている人もいるかもしれませんが、それはその人の問題であり、清平の摂理の目的はそういうところにはありません。
自分の幸せというのは付随してついてくるものです。



posted by 若枝 at 13:50| Comment(0) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

Dream Ajuから、郭錠煥先生が話された内容を紹介するメールが届きました。

今日は、Dream Ajuから、郭錠煥先生が話された内容を紹介する「始まりは小さくとも夢は大きく持とう」というメールが届きました。

郭錠煥先生が突然お姿を隠されたので、私は、いったい何が起きたのだろう、とずっと思っていました。
統一教会のナンバー2とも言うべきお方が教会を離れたとすれば、他にいったい誰がこの道を行くことが出来るでしょう。
ですから、私は、郭錠煥先生のお考えをお聞きしたい、とずっと思っていました。

それで、今回、郭錠煥先生のお話を伝えていただいたことに、心から感謝しております。


「文鮮明先生思想研究会」なる会が教会とは関係なく発足したようで、その会の開会の辞を述べられた内容でしたが、郭錠煥先生のお考えがとてもよくわかる文章でした。


この文章を読む中で、郭錠煥先生がどこに引っかかって教会を出て行ってしまわれたのかがはっきりとして、私は納得することが出来ました。

郭錠煥先生は、真のお父様につまずいたわけでもなく、み言に対して誤った解釈をして分派になったわけでもありませんでした。

郭錠煥先生は、真のお母様を受け入れられないでいらっしゃるようです。


お話の中で、郭錠煥先生は、「真のお父様は生前にご自身が実体として基元節を勝利的に天の真の父母の前に奉献して差し上げようとなさいました。」「真のお父様が設定なさった基元節まで6ヶ月も残っていない時点で聖和されたことは予想外の意外な事態と思われます。」と語られ、
「完成祝福式が地上で実体としてではなく天地間で可能なのかという疑問が残ります。」
とおっしゃっています。


郭錠煥先生ともあろうお方が、天の摂理は一体化を通してなされることを知っていらっしゃるであろうにも関わらず、真のお父様と真のお母様が最終一体をなしたことにひと言も触れていないのです。

天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会の講演文
「すでに真の父母様御夫妻は最終一体をなして、完成、完結、完了の基準で、全体、全般、全権、全能の時代を奉献宣布されたのです。」


み言を無視する理由など、感情的な問題しか考えられませんので、郭錠煥先生といえども人間だったのだなあ、というのが私の得た結論でした。

すなわち、郭錠煥先生の迷いは、統一教会の伝統を揺るがしたり、み言に矛盾があったことを意味したりしているわけではないということでした。



posted by 若枝 at 18:25| Comment(0) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

Joho2013 「7.21天福宮集会、平和大使の訴え」を読んで

Joho2013から、「7.21天福宮集会、平和大使の訴え」と題するメールが来ました。

「真のお母様は賢い方ではないですか !」と言いながら、
「文鮮明先生の思想とみ言が、刃物で傷を負い破られ歪曲されているという、この無鉄砲に進行される惨憺たる事実を到底見ることができずこの席に立ちました。」
と言って集会を行ったと書かれていました。

しかし、ここには大きな誤解があったことを私たちは知っています。

トゥデイズ・ワールド・ジャパン天一国元年天暦6月号の
「真のお母様を中心とした天一国経典編纂事業」
を読みますと、
「それで今までの『天聖経』が不要になるというのではありません。どちらも貴いみ言であり、み言選集に基づいて編纂された『天聖経』の価値は変わらないのです。」
とあります。

ですから、彼らが主張しているような、文鮮明先生の思想とみ言が刃物で傷を負い破られ歪曲されている、などということはありません。


どうして、彼らはこのような単純な誤解をして運動せざるを得ないのでしょうか。
昨日の出発式で地区長様は、1960年のご聖婚後の3年間と同じ現象なのだとおっしゃっていました。

摂理を妨げようとしている彼らの活動も、世界大戦でサタン側に立った枢軸国家のように、天の摂理を進めるために必要な存在なのだということです。

それで、彼らにも感謝しなければならないのだなあと思います。



posted by 若枝 at 08:27| Comment(0) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

Joho2013からの「真の父母様み言編纂委員会の『立場』に対する私たちの主張」を読んで

Joho2013からの「真の父母様み言編纂委員会の『立場』に対する私たちの主張」を読んで、彼らの文章はもう兄弟どうしの口論の次元になってしまったな、という感じがします。


最終的な裁可は、真のお母様の裁可によらざるを得ないでしょう。
なぜなら、天聖経は、真のご父母様から人類が賜ったものだからです。



posted by 若枝 at 06:59| Comment(0) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

Joho2013からの「金榮輝委員長の <天聖経増補版正しい理解と摂理的価値>に対する私たちの主張」と題するメールを読ませていただいて

天聖経は真のご父母様から人類が賜ったものなので、これに対して誰も批判のしようはありません。
読みたければ読めばよいし、読みたくなければしばらくの間読まなければよいだけの話です。

しかし、「私たちの主張」と題するこのメールはこれに対して批判を試みている方々のものです。
でも、彼らを、神様が支持なさっているかと言うとそうではないし、
彼らを真のお父様が支持なさっているかと言うとそうでもないし、
彼らを真のお母様が支持なさっているかと言うとそうでもありません。

ですから、彼らの主張は意味のないものと言わざるを得ず、
単なる感情的なものに過ぎません。

それで、これに対して投稿しておく必要があるかどうか迷ったのですが、
このメールの中で、1点だけ、指摘しておいたほうがよいと思いましたので、
投稿いたします。

それは、「真の父母」に対する捉え方です。

金榮輝先生が、「お父様とお母様で真の父母になられたのであって、お父様だけでも真の父母になれないし、お母様だけでも真の父母にはなれない。」
という意味のことをおっしゃったのに(金12)、
彼らは、これに対して、
「お母様の価値が言いたいのか」
と言って(祝12)、まったく、真の父母として捉えられていません。

ですから、彼らは完全に、真の父母によって生みかえられた祝福家庭の位置から逸脱してしまっていることになります。

祝12を読むと、彼らは、「『お父様がいくら偉大だったとしてもお母様がいなければ、お父様の価値はない』という話は非原理的な主張です。」と言っているのですが、これは金榮輝先生がおっしゃった言葉の意味すら正確に捉えることが出来ていません。

金榮輝先生が、金12で、
「お母様の価値とお父様の価値がプラスされて、真の父母になられて次の摂理をしたということです。だからお父様がいくら偉大だったと言ってもお母様がいなければお父様の価値はないということです。」
とおっしゃったのは、
お父様だけでは真の父母にはなれない、という原理的なことをおっしゃったのです。

意味が正しく理解できなかったならば批判することなどおこがましく、意味を分かっていて言葉尻を捉えてひっかけたならば批判は無意味です。



posted by 若枝 at 17:11| Comment(0) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

Joho2013からの「自滅する統一教会」(ブログ記事より)と題するメールを読ませていただいて

Joho2013から「自滅する統一教会」(ブログ記事より)と題するメールをいただきました。

とても激しい口調で、また、とても自信と確信に満ちた感じで、統一教会の今の問題点について述べておられるようでした。
私がこのメールを読んで感じたことは次の3点です。

まず、自滅する統一教会ということでしたが、統一教会が自滅することはない、という点です。
メールでは一世の幹部を問題にしていましたが、真のご父母様が解決し天一国を開いてくださったのは、億千万の全人類に対するものであって、一部の一世の問題などは問題にもなりません。


それから、摂理は現在神様が主導なさっているのであって、ご子女様も含めて、人間は神様に歩調を合わせなければならないと思います。私は、真のご父母様や一世の幹部の方々も神様と歩調を合わせるために命がけでいらっしゃるのを実感いたします。
どうして神様と歩調を合わせなければならないのかというと、人類救済は、過去現在未来、すべての人類に対する摂理だからです。
現国家元首や現宗教指導者が抱えている問題だけでは神様の摂理とはほど遠いです。摂理はそんなに浅はかなものではないと思います。


もう一つは、メールの最後にお父様のみ言を引き合いに出していましたが、このみ言の意味を履き違えているのではないかと思います。
このみ言を正しく理解していれば、繰り返しになりますが、正午定着が神様と歩調を合わせることだということがわかっているはずです。もしそうならば、このメールにあるような早計な判断は出てこないだろうと思います。



posted by 若枝 at 12:19| Comment(0) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

Dream Aju 「真の家庭を愛する会」からのメール

私のところへは時々、Dream Aju「真の家庭を愛する会」というところからメールが来ます。

彼らは「顯進様にかけられている様々な誤解を解くこと」を第一の目的として、もっともらしいことを言っているようですが、彼らには大きな誤解・錯誤があるように思います。


私が一番残念に思うのは、もし顯進様が、2008年4月6日第四十九回「真の父母の日」にハワイ・キング・ガーデンでお父様が特別な式をされたときに語られたみ言をよく理解して、これに勝利していたら、エデンの園を完全に取り戻すことが出来、顯進様は実質な後継者、人類全体を代表する勝利者になっていたであろうに、ということです。


お父様は、顯進様を見込んで、人類の中で一番難しい最後の課題をお与えになったと思います。これに勝利さえすればという摂理的なセッティングをされたのが、あのときの式だったと思います。


しかし、摂理はお父様の期待通りには展開しなかったようです。

でも、時は天一国時代を迎え、直接主管圏時代を迎えて、今は、お母様を中心として、2020年に向けて着実に前進をしているのです。



posted by 若枝 at 20:05| Comment(0) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

Joho 2013「祝福中心家庭有志の声」からのメール

私のところへは、Joho 2013「祝福中心家庭有志の声」というところから時々メールが来ます。

それで、内容を読んでみると、内容は摂理の主流から外れた意見でしかないことがわかります。

摂理の主流とは神様のなさる摂理の動向のことですが、このメールは摂理についてではなく、摂理について行っている人間の足りなさを嘆いたものに過ぎません。

読みながら、人のことは気にせずに自分が頑張ればいいのに、と思います。

人のことを批判していても、主流にはなれないと思います。
結局、神様が見えていないんだなあ、と思います。



posted by 若枝 at 22:17| Comment(0) | Dream Aju・Joho2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする