2016年11月02日

家庭連合は、国家を超えた団体と言えるか

家庭連合は、国家を超えた団体と言えるでしょうか。

再臨のメシヤであられる真のご父母様は明らかに国家を超えたお方です。

真のお母様は、10月4日に語られた「天地人真の父母様招請日本指導者特別集会」のみ言でも、

「あらゆる国、特に大国と言われる国々は、全体のことを考えるより、自国の利益ばかりを優先して考えます。過去のイギリスがそうであり、過去のヨーロッパの多くの国々がそうであったようにです。」

と語られました。
(世界家庭 2016年11月号)

しかし、先日ご紹介した
家庭連合の旗を高く掲げ、天一国に向かって総進軍しよう!
に掲載されたお母様のみ言には、この部分が省かれているようです。


国家を超えたかどうかは、サタンを凌駕したかどうか、と同義です。

真のお父様は、

「皆さん。原理主管圏内において、直接主管圏と間接主管圏の限界線は、蘇生圏、長成圏が国家基準なので、サタンは国家を中心とするのです。ですからそれは、神様が摂理上、復帰なさろうとして立てられた宗教、天の前に帰ろうとするすべての人々にとっての怨讐になるのです。芽さえ出れば、切ってしまうのです。」

と語られています。
真の愛の主人に侍ろう 1999年6月13日 韓国・本部教会)


家庭連合という組織は、国家から宗教法人の認可を受けた組織ですから、国家を超えることは出来ないかもしれません。
組織の責任者である総会長も会長も、国家批判にあたるようなことは言うのをはばかっていらっしゃるかもしれません。


しかし、祝福家庭は、真の父母様の子供であり、真の父母様とともに国家を凌駕した存在として存在しなければなりません。
国家を神様のもとに導くのが祝福家庭です。
ですから、祝福家庭は真のご父母様と口をそろえて、
「大国と言われる国々は、全体のことを考えるより、自国の利益ばかりを優先して考えます。」と、はっきり言って然るべきでしょう。


また、真のご父母様は資本主義諸国の肩を持っているわけではありません。
共産主義国家ばかりを批判しているわけではないのです。


先日、勝共連合の月刊誌「世界思想」の9月号に、ある評論家のインタビュー記事がありました。
インタビューアーが「中国の超大国化を米国はなぜ防げなかったのか?」と質問しました。
すると、この評論家は
「中国の超大国化を、アメリカはむしろ奨励した。・・・。中国を延々と支援し続けた結果、アメリカと対峙できる軍事大国になってしまった。」
と答えました。

中国を軍事大国化したのは実はアメリカだったというわけです。
自国の利益ばかりを考えた結果、大失敗したというわけです。

共産主義国家ばかりを目の敵にしていては世界情勢は読み解けないということを私たちは学びました。



posted by 若枝 at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

天地人真の父母様招請日本指導者特別集会でのみ言

光言社 ポータルサイトで
真のお母様が10月4日に語られた、天地人真の父母様招請日本指導者特別集会でのみ言を拝聴いたしました。

光言社 ポータルサイト - U-ONE TV

家庭連合の旗を高く掲げ、天一国に向かって総進軍しよう!


少し前に、メーリングリストで流れてきた文章では読んでいたのですが、今回、映像を見させていただいて、真のお母様のご心情を肌で感じさせていただきました。

文章で読んだときは、お母様が、あたかも、真のお父様はご自分のために蕩減の道を勝利して来られた、とおっしゃっているかのような印象を受けたのですが、映像で見てみると、そうではないことがはっきりと分かりました。

お父様は16歳のとき、イエス様から使命を受け継いで、独り子としての責任を果たされました。
そして、1960年、独り娘と出会って、真の父母の位置に進まれました。
そして、真のお母様はそれからの7年間、独り娘としての責任を果たしてこられたのです。

お母様はみ言の中で、この独り娘としての責任を果たしてこられた期間については言及されませんでしたが、見ていてこのことははっきりと分かりました。

また、真のお父様が独り娘に出会って真の父母になられたのを、真のお父様の勝利として証ししておられました。

そして、神様による2000年間のキリスト教の歴史は独り娘を探し求めてきた摂理歴史である、という意味は、公的な意味において独り娘を探し立てなければ人類の救いの道がなかったという意味であり、その公的なメシヤとしての位置を厳粛に受け止めておられる真のお母様だということがわかりました。

その真のお母様が語られる、あなたたちが責任を果たさなければならない、の言葉の意味は、真のお母様と同じ公的な位置に立った我々が果たすべき責任という意味であり、真のお父様、真のお母様が勝利してこられたのと同列の責任を私たちが果たさなければならないという意味でした。

ですから我々も神様による摂理歴史の中で公的な位置に立っているのだということを、深く実感させていただきました。



posted by 若枝 at 17:46| Comment(2) | 真のご父母様・メシヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

もし、真のお母様が主体であり、真のお父様が対象であると言ったならば、真のお父様の逆鱗に触れることになる

「真の父母様宣布文サイト」には、教会成長研究院の独生女(独り娘)に関する公式見解が掲載されています。

真の父母様宣布文サイト

このサイトを詳細に見ていけば、真のお父様が主体であり、真のお母様がその対象であることは、疑う余地のないことです。


もし、真のお母様が主体であり、真のお父様が対象であると言ったならば、真のお父様の逆鱗に触れることになるでしょう。

私は、祈りの中で、真のお父様からこのことを激しく言われたことがあります。

私たちは真のお母様を中心にして一つになっていかなければなりませんが、真のお母様の主体として、常に、永遠に、真のお父様がいらっしゃいます。

すなわち、私たちは、真のお母様を通して、真のお父様を常に主体として侍っていかなければならないでしょう。



posted by 若枝 at 19:19| Comment(0) | 真のご父母様・メシヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

真のお父様が主体であり、真のお母様が対象である、という格位は永遠に変わりません

真のお父様と真のお母様は、二性性相の相対的関係にあって価値的には同等の存在です。

しかし、真のお父様が主体であり、真のお母様が対象である、という格位は永遠に変わりません。


10月4日の日本指導者特別集会において、真のお母様は、
「すでに独り娘が誕生していたから、天はお父様を守らざるを得なかった。」
「お父様は再臨のメシヤとして蕩減の道を乗り越えて独り娘に出あって真の父母の位置に立った。」
というようなみ言を語られたそうで、
私はこれを聞いた瞬間、ん?と思いました。

この言い回しですと、あたかも独り娘が主体かのように聞こえたからです。

後からよくよく考えてみて、お母様は、二性性相の相対的関係にある対象が存在するので主体は守られるということをおっしゃったのだろうと思いました。
しかし、そう考えますと、では、イエス様はどうして十字架にかかってしまったのだろうか?ということになります。


それで、頭の中が少し混乱いたしました。
でも、このことを通して、私は、かえって頭の中がすっきりとしました。


2000年前、イエス様は、ご聖婚出来ませんでしたから、「また来る」と言われました。
神様は、今日に至り、再臨の摂理をされ、イエス様の摂理を引き継いだ再臨のメシヤが独り娘を探すことになりました。

独り娘はメシヤが探し出してくださらなければ歴史上に登場できません。
独り娘はあくまでも対象格であり、メシヤが見つけてくださるのを待つ立場です。
メシヤが見つけて下さらなければ露と消えていく存在です。
あくまでもメシヤが主体だということです。
だからと言って、独り娘の価値がメシヤに比べて低いということではありません。
メシヤと独り娘とは二性性相の相対的関係をなすものだからです。


このことは、真のお母様が何とおっしゃろうと、真のご子女様が何とおっしゃろうと、永遠に変わらないことです。
ここには未来永劫永遠の価値があります。

そして、私たち祝福家庭は、メシヤの種を受け、真の母の胎を通って生まれてきた者たちです。
思想は種である真の父から受け継ぎました。
しかし、真の母の胎を通らなければ生まれてくることは出来ませんでした。

ですから、真の父母の両方から血統を受け継いだ者たちです。

真のお父様は聖和されて、地上に真のお母様のみがいらっしゃる今のときを、私たちは歩んでおります。

天の父母様(神様)の創造目的の成就という、再臨のメシヤである真のお父様から学んだ唯一の目的を見つめながら、私たちは真のお母様と共にこの目的を成し遂げるために日々を送っております。



タグ:独り娘
posted by 若枝 at 22:17| Comment(0) | 真のご父母様・メシヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

共生共栄共義主義の英語表記

Vision2020に向かって、神様の夢、真のご父母様の夢、人類の願いを実現していきましょうという、真のご父母様のみ言をいただいている私たちですが、具体的に言えば、これは「共生共栄共義主義社会」の実現を意味していると思います。

原理講論にも「再臨主は、共生共栄共義主義の地上天国理想をもって降臨される方である」と書かれており、天一国憲法にも「天一国の基本理念は共生共栄共義主義である」と書かれていますから、我々は共生共栄共義主義社会の実現に向かって力を合わせるべきであると思います。

そして、「すべては神様からの借り物であり、誰も所有権を主張できない」という真のお母様のみ言は、まさに共生共栄共義主義の骨子であります。
世界の諸問題の解決もこの観に立ってこそ解決できます。

それで、私は、ふと、共生共栄共義主義という単語は、英語ではどのように言うのだろうかと思って、調べてみました。
すると、原理講論の表現と、統一思想要綱の表現が、異なっていることに気が付きました。

そして、「これで、果たして、全世界・子女国家の人々に、共生共栄共義主義の内容は正しく伝わっているのだろうか?」と疑問に思いました。


原理講論では、
Interdependence, Mutual Prosperity and Universally Shared Values

(Exposition of the Divine Principle - 1996 Translation
http://www.unification.net/dp96/

ですが、

統一思想要綱では、
mutual existence, mutual prosperity and mutual righteousness

(New Essentials of Unification Thought: Head-Wing Thought
https://books.google.co.jp/books?id=PNKwBgAAQBAJ&pg=PA513#v=onepage&q&f=false


となっていて、
mutual existenceという言葉は原理講論には出てきませんし、
逆に、Interdependenceという言葉は統一思想要綱には出てこないようです。

共生共栄共義主義の説明は、原理講論にはなく、統一思想要綱にあります。
人々が共生共栄共義主義の意味を知ろうと思ったら、統一思想要綱の該当箇所を見なければなりません。
言葉の不一致によって、これが困難になっていないだろうかと思いました。


また、統一思想研究院のO先生が調べてくださったところによりますと、
英語版天聖経では二通りの訳語が使われているそうです。
1) a society of coexistence, mutual prosperity and the common good
2) a world of interdependence, mutual prosperity and universally shared values


さらに、単語の意味を考えますと、原理講論に書かれているInterdependenceは、「相互依存」という意味で、共生の一般的な意味の訳語のような気がします。
共生共栄共義主義の「共生」は、この一般的な意味ではなくて、統一思想要綱にもありますように、「共同所有」を意味しています。真のお母様のみ言の通りです。


この言葉の不一致は、神の下の人類一家族世界を実現しようとする全世界の祝福家庭の意思の統一を(ご子女様も含めて)難しくしているように思います。

必要であれば、世界に向けて、このご指摘をしていただいたほうがよろしいのではないかと思います。

以上、どうぞよろしくお願い申し上げます。


(以上の内容は、総合相談室のほうにも送信いたしました。)



posted by 若枝 at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

世の光となれ

今日は、「文鮮明天地人真の父母天宙聖和4周年記念式典」の様子をインターネットで拝聴させていただきました。

『天に対する孝情 世の光へ』というメッセージを賜りました。


8月1日、真のお母様が「天地人真の父母様主管HJ天苑特別修練会」開会式で語られたみ言


私は、「世の光となれ」という、今日いただいたみ言に素直に従っていこうと思います。

「天の父母様の夢、真の父母様の夢、人類の夢、人類一家族世界」を目指して、世の人々を救うことを考えて、前進していこうと思います。

祈りの中で得た一つの思いは、「貧困の撲滅」です。

この問題を切り口として、多くの人に会って、統一経済論を紹介し、真のご父母様を証ししていこうと思いました。



posted by 若枝 at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

信徒としてはどの派に従っていくべきか

家庭連合(旧統一教会)には、現在、三つの派があります。

家庭連合本体と、そこから分かれた、文鮮明総裁・韓鶴子総裁のご子息が中心になされている二つの派です。

日本で会長を務めた方や総会長を務めた方の中にも、ご子息の派のほうに行かれている方が何人かいらっしゃることを思いますと、これはただ事ではない事態です。

それぞれ正統性を主張しており、信徒としてはどの派に従っていくべきか、迷う人もいるのではないかと思います。


ここで考えるべきことは、再臨主が何を持ってこられた方で、何をなさることが使命なのか、ということです。

原理講論にはこう書いてあります。

「再臨主は、共生共栄共義主義の地上天国理想をもって降臨される方である」
(原理講論 後編第五章 メシヤ再降臨準備時代 第四節 世界大戦)


ですから、共生共栄共義主義を継承しているところが、紛れもない正統派であるに違いありません。

これをもって検証すれば、どの派が正統派であるか、判別がつくと思います。



posted by 若枝 at 19:10| Comment(2) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

同じ文鮮明先生が創設された勝共連合と平和連合であるが、それぞれ異なった観点と役割があるということ

我がUCグループは、神様の摂理を完成させるために、復帰摂理という段階を経て、神様の直接主管圏時代に至り、神様の創造目的の成就をしなければなりません。


この過程において、文鮮明先生・真のお父様が勝共連合という団体を創設された理由は、共産主義という、神の存在を否定する思想と勢力に対処しなければならなかったゆえであります。

国際勝共連合 共産主義は間違っている!



勝共連合は、共産主義は間違っている、というのを第一義的な主張としています。

ソ連共産主義帝国はすでに崩壊しましたが、共産主義の思想は今も至るところに残っています。
言うなれば、神を否定し、人間を唯物化してしまう退廃的思想です。
この、知らず知らずのうちに社会に蔓延していく共産主義思想、すなわち、最近であれば、同性愛などの問題に、勝共連合は対処しているものと思います。

また、中国共産党の世界共産化の目論見を阻止する運動も展開しています。それで、安全保障といったことも主張しています。


これに対して、世界平和連合・天宙平和連合の第一義的な主張は、頭翼思想です。

世界平和連合創設大会のみ言 世界平和への道

「全知全能であられる神様は愛の神様であられ、平和の神様であられます。その神様が互いに争い、殺し合う世界をつくられたはずが万に一つもないのです。」
という主張です。

神様のお創りになった世界に争いはない、ということであり、安全保障の問題などはここにはまったく出てきません。


これら、勝共連合と平和連合には、それぞれ異なった観点からの主張があって、それぞれ役割があります。

神様の創造理想世界を実現していくためには、これらの違いをよく認識しておく必要があると思います。



posted by 若枝 at 12:21| Comment(0) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

中国の領海侵犯の問題に対する家庭連合と真の父母様の解決の仕方

韓鶴子総裁・真のお母様は、2016年7月17日の「天地人真の父母様 天正宮入宮・戴冠式10周年記念行事 祝勝会」において、
「奇跡はこの時に起こらずしていつ起こりますか。一つになるのです」というタイトルでみ言を語られました。

「全ての問題解決は家庭連合で!」 《真のお母様のみ言 7.17》 −いつも私のとなりに神さま


この中で、真のお母様は、中国の領海侵犯の問題に触れられ、
中国は海に面した地域が小さいために海洋圏をつかもうとしているのであり、これは国境線問題だ、とおっしゃいました。
そして、この問題を解決できるのは、家庭連合と真の父母様しかいない、とおっしゃいました。


国際仲裁裁判でも解決出来ないこの問題に対する、真の父母様の解決の仕方とはいったいどんなものでしょうか。


真のお母様は、これは国境線問題だとおっしゃっています。
すなわち、真の父母様の解決の仕方は、言うまでもなく、「国境線撤廃」です。


すなわち、海洋は神様が万民に等しく与えたものであり、どこの国も領有権を主張できない、ということです。


どこかの国が歴史的に先に領有権を主張したからと言って、これが正当化されるものでは決してありません。


このあまりにも当然な主張は誰がすべきでしょうか。
神様と真の父母様の代身である我々がすべきであり、UPF(天宙平和連合)がすべきなのです。



posted by 若枝 at 18:10| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

「救国救世のビジョンと思想 講義マニュアル」

「救国救世のビジョンと思想 講義マニュアル」を読みました。

VISION2020実現のための方策が盛り込まれていると期待して読みましたが、
残念ながら、そこまでは行っていないなあと結論せざるを得ませんでした。


私が探した内容はただ一つ、

「本来この地上は神様の所有権です。神様のものです。」
という、お母様が最も強調していらっしゃるメッセージです。

しかし、最後まで読んでも、このメッセージは出てきませんでした。


今日の国と世界を救う唯一の道は、この世界が神の所有であるという観点から、すべてを整理する道以外にはありません。

そして、この理念こそが、再臨のメシヤが人類にもたらしてくださった共生共栄共義主義というものなのです。

「共生共栄共義主義」という文言は書かれていましたが、その中身については触れられていませんでした。

神主義についてはよく説明されていましたが、神主義の世界を実現するためには、この世界が神の所有であるという観点から、すべてを整理する必要があるのです。

共生共栄共義主義については改めて学ばなければ分からないというのであれば、この1冊では不十分だと言わざるを得ません。



posted by 若枝 at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

堕落人間にもう一度託された歴史的な使命

「天一国四大聖物伝授および聖酒式のための40日精誠期間」の原理講論の訓読は、今日が最後の日でした。


最後まで読み、思い返してみますと、2000年前、神の子としてイエス様は来られましたが、その神の子を十字架にかけて殺したのは堕落の血統を受け継いだ堕落人間たちでした。

それから2000年経ち、現代になって、神様はもう一度メシヤを送ってくださり、再臨のメシヤは、血のにじむような路程をたどって、真の父母になられました。


すると、堕落人間には、もう一度歴史的な使命が託されることになります。

言うまでもなく、真の父母を受け入れ、さらには、真の父母と一体となって神様の創造目的を最後まで成就することです。
この責任は、真の父母の側にあるのではなく、私たちの側にあります。


そして、我々は真の父母を受け入れるところまでは行きましたが、神様の創造目的を成就するところで呻吟している状態にあるのだと思います。

何をすれば、神様の創造目的を成就できるのか。
こういう今の状態を自覚して、新たなる出発をしていくべきだと思いました。



posted by 若枝 at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

今私たちが処している時代はどういう時代なのか

今朝の訓読では、第三次世界大戦のところを訓読いたしました。

後編 第五章 メシヤ再降臨準備時代 第四節 世界大戦


今私たちが処している時代がどういう時代なのか、ここを訓読することで、改めてよくわかりました。

(四)第三次世界大戦 には、以下のように書いてあります。

「この理念は必ずアベル型の人生観で立てられた民主主義世界から出てこなければならないが、しかし、我々がこれまでに知っている民主主義世界のいかなる既存理念も、共産主義の理念を屈伏させることができないということは、既に歴史的に証明されている事実である。したがって、この理念は必ず民主主義世界から、新しく登場してこなければならないのである。新しい理念が出てくるためには新しい真理が出なければならないが、この新しい真理がすなわちアベル型の人生観の根本であり、したがって、民主主義の根本となることはもちろんである。」

「第三次大戦によっては、新しい真理により完全なアベル型の人生観を立てて民主世界の完成的な基台を造成しなければならず、この基台の上で全人類を一つの世界へと導いていかなければならないのである。」

「天の側では、サタンを中心とする世界を打って、神を中心として三大祝福を完成した世界を復帰する完成的な蕩減条件を世界的に立てなければならない。このような目的のために、第三次世界大戦が起こらなければならなくなるのである。」

「イエスが荒野で第三次試練に勝利して万物に対する主管性復帰の基台を造成したように、天の側が第三次大戦で勝利することによって、被造世界全体に対する人間の主管性を復帰しなければならない」

「すべての主権を神の前に取り戻して天宙主義の理想世界を実現しなければならない」


これまでの民主主義世界には存在しない新しい理念によって、
全人類を一つの世界へと導いていかなければならない、
被造世界全体に対する人間の主管性を復帰しなければならない、

とあります。
そして、今まさに、第三次世界大戦の真っ只中に私たちはいる、ということなのだと思います。

そして、その戦いは、「理念による内的な戦いで、直ちにサタン世界を屈伏させて統一する道」(同上)
です。



posted by 若枝 at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

「統一原理に基づく経済社会の打開策」の最後に「おわりに」を追記いたしました。

「統一原理に基づく経済社会の打開策」の最後に「おわりに」を追記いたしました。



おわりに

 本論文の要旨を一言で言うとすれば、お金(貨幣)を人間の下に置く、ということである。

 今までの人類歴史において、お金(貨幣)は人間の上にあって、人間はお金に支配されてきた。個人においても、家庭においても、国家においても、世界においても、そうであった。

 これを、お金(貨幣)が人間を擁護するような本来の位置を回復せしめるということである。」



これでこの論文がほんとうに完成したと、実感いたしました。


いままでの人類歴史は、お金に翻弄されてきたと言っても過言ではありません。

「カネと女」とはよく言ったもので、サタンが人間を逆主管するための常套手段が「カネと女」だったといえます。
霊的世界においては、血統転換によって、「女の問題」が解決されるでしょう。
そして、肉的世界においては、「カネの問題」です。

このお金の問題に区切りをつけることによって、人類が新しい時代を迎えることができると確信いたします。

2007年7月17日から、まる9年を迎える前々日でした。
そして、礼拝でみ言を聞いて知ったのですが、天正宮入宮・戴冠式10周年の前日でした。

神様によってすべて導かれて、ここまで来たんだなあと、つくづく実感いたします。


統一原理に基づく経済社会の打開策



posted by 若枝 at 19:05| Comment(0) | 創造本然の経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

情報提供

本日(いや、0時を回ってしまいましたので昨日ですが)、主要新聞社に情報提供をいたしました。


「○○新聞 御中

戦争の世紀が終結し、21世紀は希望溢れる世紀になると期待したのとは裏腹に、
21世紀に入った今も、人類は様々な問題にあえぎ苦しんでいます。

この原因がどこにあるかを一言で言えば、貨幣制度にその原因がある、と言うことができると思います。

人間の自由と良心基準を様々な次元で奪っているのは、現在の貨幣制度です。
誰かの仕業と言うよりも、すべての人が従っている貨幣制度自体に根本的な問題があります。

個々人、各家庭の自由と幸福を奪い、国家の主権を奪い、世界がグローバリズムの嵐から抜け出せずに、紛争が今も繰り返されているのは、もっとも基本に位置する貨幣制度の不完全性から来る弊害だと思います。


それで、下記の貨幣制度の根本的な改革案を提言させていただいております。

昨年末より、内閣、各政党、各国駐日大使館に、お伝えさせていただきました。

なにとぞご高覧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

統一原理に基づく経済社会の打開策
http://keiseisaimin.seesaa.net/article/427031638.html 」


送った先
朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
産経新聞



posted by 若枝 at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

かつて「3年で天宙復帰ができると聞いてこの道に来た」という先輩たちの証しをよく聞きました

「天一国四大聖物伝授および聖酒式のための40日精誠期間」の原理講論の訓読も、モーセ路程に入りました。

モーセが「三日」と言ってパロを欺きイスラエル民族を荒野に導き出した、という一節がありました。

かつて「3年で天宙復帰ができると聞いてこの道に来た」という先輩たちの証しをよく聞きましたが、3年という言葉にサタンも騙されて我々を解放してくれたのだなあ、と思いました。


「モーセに屈伏したパロがイスラエル民族に、自分の国の内でなら犠牲をささげてもよいと承諾したとき、モーセは、「そうすることはできません。わたしたちはエジプトびとの忌むものを犠牲として、わたしたちの神、主にささげるからです。もし、エジプトびとの目の前で、彼らの忌むものを犠牲にささげるならば、彼らはわたしたちを石で打たないでしょうか。わたしたちは三日の道のりほど、荒野にはいって、わたしたちの神、主に犠牲をささげ、主がわたしたちに命じられるようにしなければなりません」(出エ八・26、27)という言葉をもってパロを欺き、自由許諾の三日間を得て、イスラエル民族を導きだしてきたのであった。」
第二章 モーセとイエスを中心とする復帰摂理 第二節 モーセを中心とする復帰摂理


ほんとうに今の私たちは荒野40年路程のような歩みをしています。
途中で倒れたりする者も出てきますが、乳と蜜の流れるカナンの地にまで、なんとかたどり着きたいものです。

行く道をすべて神様が導いてくださっていることを思いますときに、何よりも重要なことは神様と心情一体化することであると思います。
まさにこのための40日間の原理講論訓読だと思います。

真のご父母様を立ててくださったのも神様であることを思いましたときに、真のご父母様と一体化していくことが、どんなことよりも勝利のポイントになるでしょう。
人間的に考えればこっちのほうがよさそうなのに、と思えることがあったとしても、そうではなく、天を中心として、神人愛一体化するところにこそ、地上天国と天上天国の解放圏と釈放圏が広がりうる道があると確信いたします。



posted by 若枝 at 08:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

アメリカ この世と同じくアメリカを中心として世界を見るか、天の摂理から見て韓日を中心としてアメリカを見るか

アメリカについて考えてみます。

共産主義との闘いにおいて、資本主義陣営の中心に立っているのがアメリカです。
最近の国際情勢では、アメリカが責任を放棄しつつあるのではないか、ということで懸念が広がっています。

それで、我がグループでも、アメリカが使命を果たさなければならない、という主張が多く聞かれます。

真のご父母様もアメリカが使命を果たすように強調されて、アメリカに投入してこられました。

「アメリカに対する神の希望」というお父様のみ言があります。

アメリカに対する神の希望


この中で、お父様は、アメリカに対する神の希望をおっしゃっていると同時に、アメリカに対して非常に憂慮しておられます。


さて、この世では、アメリカと日本は安全保障条約で結ばれており、日本はアメリカを中心とする自由主義陣営に属しています。この世では現在アメリカが中心です。

しかし、真のご父母様はアメリカを中心に見ているわけではなく、アメリカを長子の国として見ておられます。
韓日の父母国家を中心とする世界観の中で、子女国家の中の長子と見ています。

ですから、混乱しないようにしないといけないと思います。

この世と同じくアメリカを中心として世界を見るか、天の摂理から見て韓日を中心としてアメリカを見るか、
教会内部でも2つの表現、2つの考え方があるように思います。


そして、アメリカは、キリスト教国の側面と、グローバリズムに染まった国の側面の両側面を持っています。

必ずしもアメリカ・イコール・キリスト教精神国家とはならない面があるようです。
逆に、今は、相当、アメリカに共産主義思想が入り込んでいると見なければならないようです。



posted by 若枝 at 08:37| Comment(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

内閣府に意見投稿をいたしました。

イギリスがEUを離脱することが濃厚になりました。資本主義社会の脆弱性がにじみ出ていると感じます。経済財政は、たとえいかなる事態が生じようとも安定的でなければならないと思います。アベノミクスは3つの矢を掲げましたが、ばらばらの3つの矢では強い力を発揮することはできません。3つの矢を束ねる縄が必要です。この縄に該当するものが3つの矢の間を循環する正常な貨幣の循環システムです。資本主義が脆弱なのはこれが欠けているからです。半年前にお送りさせていただいた提言文にこのシステムの概要が述べられています。
http://keiseisaimin.seesaa.net/article/427031638.html
導入のほど、ご検討くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

内閣府共通意見等登録システム - 内閣府



posted by 若枝 at 07:14| Comment(0) | 提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

国連、SDGs達成を支援する優秀なヤングリーダーの発掘を開始!

国連がヤングリーダーを求めているようです。

30歳までの若者が対象だと言いますから、二世の誰かがリーダーとして立ってくれたら、国連と人類を良い方向へと導けると思うのですが。

国連、SDGs達成を支援する優秀なヤングリーダーの発掘を開始! 推薦の締め切りは7月15日(金) | 国連広報センター



タグ:国連
posted by 若枝 at 10:04| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

日本という国はどういう国なのか 「古代日本 ユダヤ人渡来伝説」を読んだ感想

「古代日本 ユダヤ人渡来伝説」を読みました。

古代日本、ユダヤ人渡来伝説 : 坂東 誠 : 本 : 日本史一般 : Amazon.co.jp


この本を読んでから、色々と思いが巡らされ、日本という国がどういう国なのか、自分なりに結論を得ました。


まず、日本にやってきたと言われる「ユダヤ民族の失われた十部族」ですが、
原理講論に出てくる
「カインの立場であった十部族を中心とする北朝イスラエル」のことです。

原理講論 後編第四章 摂理的同時性から見た復帰摂理時代と復帰摂理延長時代 第四節 南北王朝分立時代と東西王朝分立時代 

北朝イスラエルは「邪神を崇拝しつづけて、悔い改めることがなかったので、神は、彼らをアッシリヤに引き渡して滅亡させることにより、永遠に選民としての資格を失うように摂理された」
同上
とあります。

そして、ユダヤの歴史とその後の世界は、南朝ユダを中心に展開していきました。

南朝ユダは、イエス様を迎える前に、バビロン捕囚を通過するのですが、
人類がお金に支配されるようになったのは、このバビロニアの影響だったようです。そして、これはそのまま今日の世界を形成しています。

もし、当時、イエス様が受け入れられていたならば、この悪なる文化は修正されていたことでしょう。
しかし、修正はされませんでした。

そして、人類は再臨のメシヤを迎えるに至ったわけです。


再臨のメシヤである真のご父母様が、キリスト教が失敗したあと、呼び起こしたのは、この北朝イスラエルの伝統を受け継ぐ日本であったということです。


何故日本が北朝イスラエルの伝統を受け継いでいることが分かるのかといいますと、
日本の祭で担ぐ神輿は世界中で日本だけのものですが、十部族とともに消えたアーク(契約の箱)とまったく同じで、モーセの率いるイスラエル民族が40年の荒野路程で常に担いでいった契約の箱そのものなのです。
原理講論後編 第二章 モーセとイエスを中心とする復帰摂理 第二節 モーセを中心とする復帰摂理


神様が永遠に選民としての資格を失うように摂理されたといわれる民族を、真のご父母様は摂理の表舞台に立ててくださったのです。
神様が反対した理由も、これを考えると合点がいきます。
日本だけが天福函を授かった理由もここにあったのだと思います。

そして、真のご父母様が日本を立てた摂理というのは、古代イスラエルにさかのぼって人類を救済する最後の摂理だったということがわかりました。



posted by 若枝 at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

シールズ:参院選後に解散へ

若者の政治活動として衆目を集めたシールズが参院選後に解散することになったそうです。

シールズ:参院選後に解散へ「声を上げる流れできた」 - 毎日新聞


安保法制に反対する側からの活動でしたが、時流から少し遠ざかってきた観があるかもしれません。

安保に反対するだけでは平和な世界は築けません。
もっと高い次元から世界平和を考えていく必要があります。同じ若者の政治活動として
国際勝共連合 大学生遊説隊 UNITE(ユナイト)
のほうが深みがあると思います。



posted by 若枝 at 12:59| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする